メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > カウンセラーが「指示」をしていい時とは

カウンセラーが「指示」をしていい時とは (13/07/30)

カウンセラーが「指示」をしていい時とは 】

メンタルヘルスカウンセラーは基本指示をしません。相手の問題解決まで誘導し、決定は相手に任せます。

ただ指示をする時があります。

それは問題の本質(素)を見たうえで、判断します。

・行動を起こさせるための指示

①「~して下さい。」「~して下さいませんか。」

(例)趣味を楽しんでみませんか

②「~しないで下さい。」 相手が自殺など自傷行為、他傷行為を行う時

特に②の傾向がある場合には、やらないように約束するところまで指示していきます。

何故かというと、相手にとって必ず不幸になるからです。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。

 

 

 


お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介