メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > 2014年5月アーカイブ

2014年5月アーカイブ

迷う前にお申込み。メンタルヘルスケア検定は、本日24時締切です! (14/05/28)

【迷う前にお申込みを。メンタルヘルスケア検定は、本日24時締切です!】 

 **************************

第4回 メンタルヘルスケア検定の締め切りは5月28日まで

*************************

メンタルヘルスの検定は、今後さらに注目を浴びる検定の種類です。

協会主催メンタルヘルス検定は、心の健康を「自己管理する力」と「サポートする力」がどれだけあるかを測定するための検定です。

メンタルヘルス検定の問題は過去、実際の場面を想定した問題が多く、即実践できる内容になっております。

1年、自分も周りの方も心元気に過ごすために、ぜひメンタルヘルス検定をトライしてみてください。

メンタルヘルス検定

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会

 

 


お急ぎください!メンタルヘルスケア検定は、明日28日締切です! (14/05/27)

【お急ぎください!メンタルヘルスケア検定は、明日締切です!】 

 **************************

第4回 メンタルヘルスケア検定の締め切りは5月28日まで

*************************

メンタルヘルスケア検定は、心を「自分で管理する力」と「サポートする能力」がどれだけあるかを判定する検定です。

メンタルヘルスケア検定を受験することで、

「相手が不調か、どうしたら分かるの?」

「どう声をかけたらいいの?」

「パワハラってどう対応するの?」

といった、メンタルヘルスケアに関する問題が、全て解決できます。

メンタルヘルスケアは、心を冷静に保てたり、ストレスへの適応能力が上がるため、自身の効率向上だけでなく、職場の向上心も格段に上がります。

メンタルヘルスケア検定は、実用性、即効性のあるメンタルヘルス対策にもなります。

締切は明日28日まで。お急ぎください。

メンタルヘルスケア検定

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会

 

 


これが最後のキャンペーン!メンタルヘルスカウンセラー養成講座明日まで! (14/05/26)

『これが最後のキャンペーン!メンタルヘルスカウンセラー養成講座・明日まで!』

「社員の心を、ストレスから守りたい!」

「私が笑顔作りに貢献できれば」

そんな思いを持ち、講座を探しても

「期間が長い・・高い・・。」

と断念された方も多いのではないでしょうか?

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、その方々の声に答えるために徹底して作り込まれたメンタルヘルスが扱えるカウンセラーになれる養成講座です。

心の悩みが増えるこの時期、もっと多くの方にメンタルヘルスを学んでもらい、身近に活かしてほしいという想いを込めてのキャンペーンです。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座が、最大28.000円引き!

この機会にぜひメンタルヘルスケアの技術とカウンセリング技術を身に付け、身近なあの方の心の支えになってください。

明日27日23時まで。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。

 

 


自分と部下を守れる検定、メンタルヘルスケア検定締切は28日 (14/05/26)

 **************************

第4回 メンタルヘルスケア検定の締め切りは5月28日まで

*************************

【自分と部下を守れる検定、メンタルヘルスケア検定締切は28日】 

「最近腹痛をよく起こす」
「何だか部下がミスをくりかえすようになった」
これを解決する行動は、こうです。

「リラックスする時間を、まず持つこと。趣味に没頭する。」

「何だか疲れているようだね、今日仕事終わったら少し話しよう、と話しかけ、話を聴く時間をとる。」

さて、近い解答でしたでしょうか?

この身体と心のサインを見逃すと、メンタルヘルス不調を起こし、そのまま休職される方が続出しています。

もしあなたの部下が急にいなくなったら、どうなる?
もしあなた自身が休んだら、家族はどうなる?

その回避策をどれだけ知っているかを判定できるのが、メンタルヘルスケア検定です。

メンタルヘルスケア検定を受験することにより、あなたがストレス耐久能力がどれだけあるか、分かるだけでなく、社員の変化にも早く気づけ、対応することができるようになります。

結果あなたに降りかかるメンタルヘルス不全のリスクを回避することができるんです。

メンタルヘルスケア検定締切まで後2日!
自分と家族と部下を守る検定、メンタルヘルスケア検定にいいね、と思った方は、お申し込みください。

メンタルヘルスケア検定

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会

 

 


メンタルヘルスケア検定の難易度 (14/05/25)

メンタルヘルスケア検定の難易度

******************************************

メンタルヘルスケア検定は、心の健康「サポート力」と「自己管理力」を 測定するための検定試験です。 

第4回 メンタルヘルスケア検定の締め切りは5月28日まで

******************************************

メンタルヘルスケア検定は医療や介護、教育の分野だけでなく、多くの業界で必要とされる心の健康「サポート力」と「自己管理力」を どれだけもっているか測定するための検定試験です。

3級は、メンタルヘルス不全の現状(厚生労働省発表のデータに基づく)、ストレスに関する一般知識、早期発見のポイント、積極的傾聴法に関する問題、メンタルヘルス不調者の行動や考え方など早期発見のポイントといった適切な応対が判断できる基本レベルの試験です。

2級は、メンタルヘルスケアの基本を理解した上で、メンタルヘルスに関わる国の取り組みや法律、メンタルヘルス不全の症状や原因について、気づいたときの声のかけ方がある程度理解できて、心のサポートができるコミュニケーションの能力を持っているかを判定する応用レベルの試験です。


準1級は、メンタルヘルスに関わる相談時の対応が十分にでき、適切な判断の能力を知識だけでなく行動できるレベルです。一次試験合格者に対しては二次の実技試験の際に、実際にどのような行動を取ることができるのかを面接形式で問われます。

1級は、職場環境において、メンタルヘルスケアのプロとして、知識・行動ともに経営の立場からも考えることができるレベルです。筆記試験は準1級と同じですが合格ラインが異なります。一次試験合格者に対しては二次の実技試験の際に、実際にどのような行動を取ることができるのかをロールプレイング形式で問われます。

メンタルヘルスケア検定締切が22日まで、後2日になりました。

受験をご希望の方は、お早めにお申し込みください。

メンタルヘルスケア検定

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会

 

 


先着8名様限定!メンタルヘルスカウンセラー体験講座 (14/05/24)

カウンセリングを学ぶって、お金と時間がかかるんだよね・・・。

カウンセラーとして仕事がしたいけど、仕事はあるのかなぁ・・・。

「悩みを解決へと導く」技術を身に付けたいあなたへ。

  「メンタルヘルスカウンセラー体験講座」

  【なぜ、「人の心を支えたい」という想いはあるのに

    一歩が出ない?】

こんにちは、日本メンタルヘルスケアサポート協会 代表理事 奥江 裕理です。

実は私自身、高校生の時メンタルヘルス不全にかかり、精神科へ1年半入院した経緯があります。

そんな私を生きる道へ導いてくれたのが、同じ思いで入院していた人でした。

辛い事をただ聴いてもらうだけで、心が穏やかになる。明日一日生きてみようという希望がもらえる。

私は生きて、そんな希望を与える人になりたい。

当時、心理カウンセラーになると決めた時、2つの問題が出てきました。

それはお金と時間です。

  「カウンセリングを学びたいけど、思っている以上に時間とお金がかかるなぁ・・・」

あなたもこんなふうに思ったことはありませんか?

 

一般的なカウンセリングを学ぶスクールは、何十万円もかかり、また週一で3か月以上、通わなければなりません。

その時私はアルバイトをしていただけでしたので、それだけの受講料が捻出できず、仕事も忙しかったので、ちゃんと通えるのか不安でした。

ただカウンセラーへの思いは強く、一つの学校を選びました。

結果1年かけてようやく学び終え、結局交通費や新たな学びに200万円前後費やしてしまいました。

知識習得は大切です。

 

しかし今カウンセリングをしていて思うのは、使う知識やテクニックの基本は限られていて、まず使うことで応用力はついてくる。

基本の道具と、活躍の場さえ揃っていれば、どこでも対応できる。そして実践し、パターンを増やせば道具は揃ってくる。

  ただ身に付けても使う場所がなければ、持っていても意味がありません。

そこで多岐にわたる心理に関する情報を収集した結果、メンタルヘルス問題に世間の関心が高いことが判明しました。実際現在でも大手を中心に研修依頼やカウンセラー派遣の依頼が入っており、メンタルヘルスの企業義務化後は、ますますカウンセラーが必要となります。

今後需要が求められるカウンセラーは、うつ病などメンタルヘルスに関する問題を解決できるカウンセラーであると特定。

そしてこの観点をもとに、実際にメンタルヘルスの現場で使うカウンセリングの基本を厳選、検証を繰り返し、3日間で身に付けることができる内容に作りこみました。

 

その3日間のコースが、メンタルヘルスカウンセラー養成講座です。

今回の体験講座では、メンタルヘルスカウンセラー養成講座の3日間でどんな技術が身に付けられるのか、そして、その技術を使って、人のお役に立てるということを実感してもらうための体験の場です。

 

体験と言っても、3日間の内容を2時間に濃縮したプレミアバージョンです。

メンタルヘルス、カウンセリングの知識とテクニックが学べ、さらに即実践できるよう練習もできて3,000円!

即活用できるようにその場で助言もしていくため、人数を各日8名限定とさせていただきます。

少しでも、興味をもあれた方は、こちらをご覧ください。

メンタルヘルスカウンセラー体験講座

 


日本メンタルヘルスケアサポート協会主催メンタルヘルスケア検定とは (14/05/24)

日本メンタルヘルスケアサポート協会主催メンタルヘルスケア検定とは 

**************************

第4回 メンタルヘルスケア検定の締め切りは5月28日まで

*************************

職場の活性は人間関係から。
働く上でメンタルヘルス=心の健康は身体の健康と共に保っていかなければならないことです。

ただ現在、企業の9割に何らかのストレスを抱えている人たちがいると言われています。
またそれが悪化し、メンタルヘルス不調により、仕事を進めることができなくなる、さらには仕事を休む、また会社から退職せざるを得なくなる等というケースは増加しています。

このことは企業にとっても効率低下、優秀な人材の損失、金銭的リスクなどの損害を与え、利益に大きく影響してきます。
こういったメンタルヘルスの問題を解決していくために、また未然に防止するために、周りがサポートするメンタルヘルスケアと心の健康を自己管理できるようになるための知識と能力が必要となってきました。

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会では一般企業や教育・医療などの場で働くそれぞれの人たちが、職場からメンタルヘルス不全者を出さないための サポートする力、 また自身で心の健康を管理する力を養うために検定試験を実施しています。

日本メンタルヘルスケアサポート協会メンタルヘルスケア検定は医療や介護、教育の分野だけでなく、多くの業界で必要とされる心の健康「サポート力」と「自己管理力」を どれだけもっているか測定するための検定試験です。 

メンタルヘルスケア検定

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会

 

 


 2  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-6721-7551 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6721-7551(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介