メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > 2014年9月アーカイブ

2014年9月アーカイブ

イギリスへ単身赴任した日本人は、メンタルヘルス不調になる可能性が高い? (14/09/15)

イギリスへ単身赴任した日本人は、メンタルヘルス不調になる可能性が高い? 】

ギリスへの単身赴任者はメンタルヘルス不調になる可能性が高いと言われています。

メンタルヘルス不調は、性格上、職場環境上だけでなく、天気とも大きな関係があります。

日本のうつ病を発生する確率が高い季節は、
春~初夏と秋~冬にかけてです。

春~初夏・・・温度差と梅雨
秋~冬・・・日照時間の少なさ

ということは、太陽にあたる時間がカギを握っています。

太陽の光は、元気の素であるセロトニンの生成を促します。
朝、太陽の光を見て
「よし!頑張ろう!」と思ったことはありませんか?

逆にその日雨や曇りだと、何だか憂うつな気持ちになりますよね?

日照時間が少ないと、セロトニン生成が行われにくくなり、それがメンタルダウンを助長します。

イギリスは、「霧のロンドン」と言われるくらい曇りの日が多い。
そのため、うつ病の発生率も高くなるというわけです。

どれだけ太陽の光が大切か、普段から太陽が出ている時間を
意識して生活することは大切ですね(*^_^*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■短期間でカウンセラー・講師の道へ!
≪メンタルヘルスカウンセラー養成講座~東京・大阪・岡山≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

■メンタルヘルスカウンセラーって何するの?と思われた方はこちら。
http://www.mental-healthcare.org/

■メンタルヘルスケア検定

http://mentalcom.net/ 

 

 


カウンセラーとして世界で仕事する単身赴任の方をサポートできる資格 (14/09/15)

カウンセラーとして世界で仕事する単身赴任の方をサポートできる資格

カウンセラーの需要は、日本だけではありません。

世界各国に単身赴任された日本人にもメンタルヘルスカウンセラーは必要なのです。

単身赴任された方のメンタルケアは今重要性を求められています。

こんな話があります。

でも英語はしゃべれないから、と思ったあなた。

『苦手なものでも観点を変えれば簡単に思える。』

昨日、海外企業様とのお話で、改めて実感しました。
「英語はしゃべれません。」
「それが、間違い。しゃべろうとするから難しいんです。」「・・・?」

皆さんの中にも、英語を身に付けようと、何回かトライしたことありませんか?

本を買ったり、CDを買ったり、教室に通ったり・・・。

もちろん!私もやりました(^_^;)。
これでも一応、英検準2級レベルはあります(過去)。

ただしゃべれません。

「だから、しゃべろうとするから難しい。」

何故か?

「日本の英語教育はしゃべる、と言う前提で学ぶけど、実際の会話で必要なのは傾聴、て言いませんか?
英語も同じ。まずは話を聴くことが大事なんです。だから、しゃべらなくていいんです。」

私達カウンセラーもまず傾聴の大切さからトレーニングで身に付けます。

それは、世界共通。
日本語も英語もしゃべろうとするから難しい。
まずは「聴く」技術、「聴き出す」技術が必要なんです。

どこの国も同じ。
ということは、技術を身に付ければカウンセラーは世界で活躍できる!

特に単身赴任お方は、メンタルケアが必要と言われます。

協会でカウンセラー、講師を目指されるみなさん!
お楽しみに!(^^)!

ご検討中のみなさん、夢をつかむチャンスをご用意しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■短期間でカウンセラー・講師の道へ!
≪メンタルヘルスカウンセラー養成講座~東京・大阪・仙台≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

■メンタルヘルスカウンセラーって何するの?と思われた方はこちら。
http://www.mental-healthcare.org/

■講座をお得に受講できるモニターさん募集
http://www.mental-healthcare.org/topics/2014/07/10.html 


心理カウンセラーとして活動できる資格 (14/09/01)

心理カウンセラーとして活動できる資格

心理カウンセラーの資格はいっぱいあるけど、メンタルヘルスのスキルを身に付けれるところは他になかったので。

協会の資格取得講座を受けられる方に多く聞きます。
それが、協会の特徴です。

当協会名は
「メンタルヘルスケアの普及により、日本経済の活性化を目指す」
をスローガンに、2年前に発足しました。

主な活動は、メンタルヘルス問題発生予防の研修、それを行う講師、また心理カウンセラー養成資格取得です。

現在東京、大阪に本部があり、9月には仙台も教室が開校します。

発足のきっかけは、とある大手に勤務する監査役の女性でした。

「実は、私の夫が今うつで休職中なんです。」
企業研修終了後に、そんな言葉を切り出しました。

話しはこう続きます。
「夫のために毎日献身に努めていますが、病状は一進一退。私も疲れてます。
リワーク施設等も探すけれども、大阪にはメジャーなところがない。

そして、一番つらいのは、理解してもらえない。
会社も世間もこの病気のことを勘違いしている。

そして、夫のような人を一人でも作りたくないんです。
何か、このような場所をつくってもらえませんか?」

当時、私は心理カウンセラーの資格を取得し、フリーで活動していました。
彼女の熱いまなざし、助けを求める本気の目に捉えられ、ちゅうちょすることなく、「やりましょう!」

その場のノリでいいの?と言われるかもしれませんが、皆さんも雷が落ちたような衝撃を受け、いわゆる「ノリ」で行動を決意したことはないでしょうか?

その感覚です。

今になって思うのは、私のメンタル不調に陥り、入院した経験が、フラッシュバック(突然思い出す様)したんだと思います。

「今日が峠です。」
精神科主治医の声が、かすかに聞こえる夜中。
『死ねるんだ。』って抵抗感なかったんです。

今考えると、『死=幸せな世界』という勘違いを起こしているんですね。
自殺する方は、ダメなことと分かっているかもしれないけど、今の苦しさから脱出できる方に、心地よさを覚えることもある。

メンタルヘルス不調で悩む方が増えている。
自殺する方も増えている。

生きてて思う。命は尊い。

丸2年、様々な出来事があったけど、たくさんの仲間が出来ました。
そしてこれからもできてくると思います。

目標は、各都道府県に1つ、協会本部を置くこと。
また、各場所より、手を上げている方が増えています。

このような想いのある方、ぜひ心の病で苦しむ方を減らし、元気な社会人を作り、経済発展のサポートを一緒に行いませんか?

気になる方は、今すぐ内容を見てみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■短期間で、仕事として活動できる心理カウンセラー・講師の道へ!
≪メンタルヘルスカウンセラー養成講座~東京・大阪・仙台≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

■講座をお得に受講できるモニターさん募集
http://www.mental-healthcare.org/topics/2014/07/10.html 


 1 
お電話でのお問い合わせは…東京:03-6721-7551 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6721-7551(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介