メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > 2017年5月アーカイブ

2017年5月アーカイブ

メンタルヘルス推進を企業で行うには (17/05/14)

メンタルヘルス推進企業で行うには】

企業のメンタルヘルス対策として、メンタルヘルスを推進する人を決める企業が増えています。

ただメンタルヘルス推進する担当になったからと言って、何をどうすれば良いのか分からない。

そんな、声を伺います。

企業の中でメンタルヘルスを推進できる人をつくるために、メンタルヘルスケア研修を行っています。

メンタルヘルスケア研修は、ストレスチェックの見方も養うことができ、また助成金を活用することができます。

ストレスチェック義務化を前に、いち早く学んで頂きたい研修です。

メンタルヘルスケア研修はこちら。

 

 


メンタルヘルスカウンセラー養成講座をお得に受講する (17/05/14)

メンタルヘルスカウンセラー養成講座をお得に受講する】

メンタルヘルスカウンセラー養成講座 通常146,000円が、モニター希望の方に限り、お得な30,000円引きになります。

モニターといっても、やって頂くことは、フェイスブックで感想の投稿など、いたってシンプル。

受講してみたい!ただ、少し予算が・・・。

と、気持ちが揺らいでいる方、5月20日までのモニター価格で受講できます。

========================
メンタルヘルスカウンセラー養成講座モニターにご協力頂ける方にお得な特典

 


職場の雰囲気をよくするためにすぐできること (17/05/12)

職場雰囲気をよくするためにすぐできること』

職場の雰囲気は、その日の効率や出来に左右します。

やる気や活気をつくる職場の雰囲気にするために、まずは笑顔で出社することを心懸けてください。

笑顔はプラスの雰囲気を伝染させます。その空気が相手にプラスの印象を与え、全体に広がっていきます。

暖かい空気感は、居心地と快適さにつながります。

まずは自身がプラスの雰囲気つくりの発信者になってください。

職場環境改善研修はこちら。

*NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会


睡眠からメンタルヘルスケア (17/05/12)

睡眠からメンタルヘルスケア

*******************************************

メンタルヘルスケア検定は、心の健康「サポート力」と「自己管理力」を 測定するための検定試験です。 

第12回 メンタルヘルスケア検定の締め切りは5月22日まで

*******************************************

睡眠は今日の自分を身体的にリセットする大事な時間です。

リセットできないと、身体のあらゆるところに影響するばかりか、メンタルヘルスも保てなくなります。

メンタルヘルスを保てなくなると、イライラしたり、不安になったりして、また眠れない。眠れないことが悩みになり、余計に眠れない。

そんな悪循環を防ぐために、質の良い睡眠をとりましょう。

睡眠時間は個人差によって様々ですが、お昼眠くならない、目覚めが良い、といった状態なら適量だと思ってください。

60前後になると、平均睡眠時間は6時間もありません。

20代は7時間くらいが平均的睡眠時間です。お風呂は寝る2時間くらい前が良いです。

眠れない時は、ハーブティなどが良いでしょう。

メンタルヘルスケア検定についてはこちら

*NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会

 

 


メンタルケアは日常から (17/05/12)

メンタルケアは日常から』

メンタル面は、起きた出来事に対して、刻々と変化します。ただ心にはどんな状況で傷ついてもまた平常心に戻ろうとする力があるんです。

上司から怒られた→傷つく→無理やり解釈をつけ、心をなだめようとする→平常を保とうとする

メンタルケアとは、どんな状況でもこのように常に平常を保っておける心の管理を行うこと。

メンタルをケアする力が備わってないと、傷ついたら傷ついたままです。その傷口は放っておくと、化膿してきて治りにくいです。

早めにケアしてあげると、傷は早く完治します。落ち込んでいると思ったら、できるだけ敏速にメンタルをケアしてあげてください。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。


仕事で後悔をしないために承認力を上げる (17/05/09)

仕事で後悔をしないために承認力を上げる】

仕事を行う中で、後悔をすることはありませんか。

あんなことしておけば良かったな。あの時、こんなことをしていれば。
「後悔」はどんな方でも経験あるのではないでしょうか。

でも後悔って、できればしたくない、方も多いはず。
では、後悔の回数を減らす方法とは???

「後悔先に立たず」
このことわざは、「後悔」とは、絶対に先に来ない、ですよね。

仕事でミスをする。
なんであの時、気がつかなかったんだ。

と自己嫌悪に陥った経験はないでしょうか。
どちらかというと、後味が悪い。
つい行動した自分、しなかった自分を責める。

後悔なんてしたくない!
そんな歌文句もありましたが(相川七瀬・・知っている人は同年代w)
後悔は、多くはマイナス面のことで使う。

あまり、できれば感じたくない感情かもしれません。

では、後悔しないためにどうするか?

後悔とは、過去の悔い。
でもその時は現在で、「これがベスト」と思って行っているはず。

そう、
その時はベストを尽くしているんです。

大切なのは、その時、しっかり行った自分を「認める」こと。
「承認」です。

認めることができない、のは承認する力が付いていないだけ。
承認力の有無です。

では「力」ってどうやってつけるのでしょう。

例えば、20キロ走ろうと思ったら、それに見合う身体にするために
トレーニングを行いませんか?

ない力は、トレーニングでしかついていきません。

トレーニングを継続して行うからこそ、「力」がつく。

承認力も同じ。
認めることを日々練習するようにすれば、力が付いてきます。

承認力とは、よく他人に対して使いますが、
自分に対しても使っていいんです。

どんな小さなことでも、どんな大きなことでもいい。
どんな成功でも、どんな失敗でもいい。

「行動した自分」を認めること。

よくがんばったね。
よくやりきったね。
よく動いたね。

言い換えれば、承認力とは「相手・自分を大切にする力」です。

大切な大切な命の入れ物。

一日一回でいい。
自分を大切にする一瞬を持ってください。

それが、後悔の回数を減らすポイントかもしれませんね。

4月になって半月が過ぎましたね!
新しい環境に慣れようとがんばっている方も多いはず。

でもその疲れが出てくるのが1か月後。
だから、5月病、なるものが増えるんです。

今から心のメンテをしておきましょう。

その一つが、「一日一承認」です。
自分に対して1つ寝る前に承認をつくるだけでいい。

**職場環境改善研修はこちら。

 


家族のメンタルヘルスケアを。 (17/05/09)

家族メンタルヘルスケアを。】

**********予告***********

メンタルヘルスケア検定締め切りは5/22まで

***********************

「メンタルヘルスケア」と言えば「会社の話」と思うかもしれませんが、会社でのケアと同じくらい大切なのは、家族の力。

こと家族の言葉のパワーは素晴らしい効果を発揮します。

ご主人、奥様、子供、家族みんなが元気で成果を上げていくために、ぜひ家庭でできるメンタルヘルスケア法を学んでみてください。

知識を付けることも大切なメンタルヘルスケアです。

メンタルヘルスケア検定

 

 

 


 2 3  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-6721-7551 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6721-7551(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介