よくあるご質問

ホーム > トピックス > メンタルヘルスカウンセラーと心理カウンセラーとの違いを教えてください。

Q.メンタルヘルスカウンセラーと心理カウンセラーとの違いを教えてください。

A.

メンタルヘルスカウンセラーと心理カウンセラーの決定的な違いは、企業活性化のために社内で起こる様々な心の問題を解決するノウハウを習得しているという点です。

心理カウンセラーと日本メンタルヘルスケアサポート協会認定のメンタルヘルスカウンセラーの違いは、大きく4つあります。

【習得している内容】

心理カウンセラーは、心理療法やセラピーを多く学びます。

それに対し、日本メンタルヘルスケアサポート協会認定のメンタルヘルスカウンセラーは、企業で起こるメンタルヘルスの問題、例えば企業内メンタルヘルス不調者への対応やハラスメント問題などに対応するための知識や具体的行動法を学びます。

【対象とする状態レベルの違い】

心理カウンセラーは、自身で悩むことに限界を感じた方がカウンセリングを受けにきます。時には、精神的な疾患を持った方やひきこもりの方も対応します。

これに対し、メンタルヘルスカウンセラーは、そこまで深刻化する前の方が対象です。「メンタルヘルス=心の健康管理」ですから、仕事のストレスで心の体力が多少落ちた方を早い段階で関わることにより、深刻化を防ぎ、心の健康を保ってもらうのです。

【対象者は、個人+企業】

心理カウンセラーが扱う対象者は、ほぼ個人の相談対応です。

これに対し、メンタルヘルスカウンセラーは、企業規模で抱えるメンタルヘルスの問題解決も行います。

例えば、上司として部下への対応法やハラスメントに対する助言、ストレスチェックについて、またメンタルヘルス研修の対応などです。

そのため日本メンタルヘルスケアサポート協会では、メンタルヘルス研修講師ができる資格も発行しています。

【受動的か積極的か】

心理カウンセラーでカウンセリングを受ける方は、自身からカウンセラーを訪ねます。要は、相手が来てくれないと関われません。

これに対し、メンタルヘルスカウンセラーは、こちらから関わっていきます。それは初期の段階は、本人は予兆が出ていることに気づいていないことが多いからです。

メンタルヘルスカウンセラーは、不調サインに気づいたらこちらから声をかけ、カウンセリングを行う体制に持っていきます。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座では、心理カウンセラーが学ぶ心理療法ではなく、実社会の心の問題に答える実用的スキルを習得するので、メンタルヘルスカウンセラーは、どちらかと言えば企業の現場で即活用できるスキルを身につけたカウンセラーと言えるでしょう。

 


お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ
メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|よくあるご質問

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介