トピックス

ホーム > トピックス > メンタルヘルスケアトピックス

メンタルヘルスケアトピックス

年末年始の営業時間について (18/12/14)

日本メンタルヘルスケアサポート協会の年末年始営業につきましては、以下となります。

※2018年12月29~2019年01月03日 正月休み※

1月4日から通常営業となります。この間お電話は繋がりませんが、緊急御用の方は、メールにてご連絡下さい。

*メールアドレス:info@mental-healthcare.org

なお、お申込みは休業期間内でも受け付けております。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

スタッフ一同


「リピートさん」制度を活用して、お得にメンタルヘルス研修を受講できます。 (18/02/18)

【「リピートさん制度」を活用して、お得にメンタルヘルス研修を受講できます。 】

*「リピートさん制度」とは

日本メンタルヘルスケアサポート協会主催 各種メンタルヘルス研修を過去受講された方限定で、再度研修を申し込まれた方は、受講料の10%割引で受講可能となります。

メンタルヘルス対策として、また知識の幅を広げるためにも、ぜひご活用ください!

~~~各種メンタルヘルス研修・メンタルヘルス認定資格講座 リピート制度対象~~~

<メンタルヘルス各種研修>

●メンタルヘルスケア研修

●ストレスケア研修

●コミュニケーションストレスケア研修

●傾聴トレーニング研修

●職場環境改善研修

<メンタルヘルス認定資格講座>

●メンタルヘルスカウンセラー(メンタルヘルス担当者)養成講座

●メンタルヘルスケア講師養成講座

●プロフェッショナルカウンセラー養成講座

**セットでのお申し込みも対象

※リピート制度を活用してお申込みされる場合は、お申込み時、お申込みフォームのお問い合わせ欄に「リピート制度受講」とお書きください。

※表示のない場合は、通常料金扱いとなりますので、ご注意ください。

※クレジット決済はできません。

==メンタルヘルス各種研修については、こちら

==メンタルヘルス認定資格講座については、こちら


☆★新年あけましておめでとうございます★☆ (18/01/01)

受講生様、また関係者の皆様各位

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は、日本メンタルヘルスケアサポート協会をご愛顧賜り誠にありがとうございました。
皆様のお掛けをもちまして、昨年4周年を迎えることができました。
スタッフ一同、心より御礼申し上げます。
今後も皆様のお声をいただきながら、サービス、満足度の向上に努め、当協会の理念である、メンタルヘルス普及により日本経済の活性化に貢献してまいります。
本年も皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。

NPO法人 日本メンタルヘルスケアサポート協会
代表理事 奥江 裕理


ハラスメント対策研修~東京・名古屋・大阪~ (16/12/25)

【ハラスメント対策研修~東京・名古屋・大阪~】

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、ハラスメントの基礎から最新のハラスメント対策まで、しっかりと習得できるハラスメント研修を実施いたします。

昨今、ハラスメント問題が分野を問わず公けに公表されております。

それは、今企業が最も真剣に取り組むべき問題として「ハラスメント」対策という証拠です。

厚生労働省は2018年11月19日に行われた労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で、経営者のパワーハラスメント防止措置の義務化に向け、法整備を進める方針を示しました。

2019年の通常国会での法案提出を目指し、クレームや不適切な取引の押し付けなど、社外からのパワハラへの対応策も提示、指針で講じるべき方策を示し、周知・徹底することしています。

パワハラ対策に取り組まない企業には、厚労省が是正指導や是正勧告などの行政指導をして改善を求め、それにも従わなければ、企業名を公表することができるとの規定も設けるとのこと。

上記のような処置がとられるには実際、都道府県労働局にパワハラを含む職場の「いじめ・嫌がらせ」に関する相談が年間7万件以上寄せられているという現状があります。

また弁護士のサイトによるとハラスメントへの質問が、なんと847件も寄せられております。実際にはほんの一握りである事が考えられます。

しかしながらパワハラに関し法律が今までありませんでした。

そこで法的整備で、働く人を守る制度を打ち立てるのです。このことは、企業にとって人材の扱い方を見直す、職場にとって人との関わり方を見直すチャンスともいえるのではないでしょうか。

ただその裏にハラスメントを恐れ、部下に注意できない、仕事を頼めないなど、ハラスメントという言葉自体が職場環境や人間関係の悪化に繋がりつつあるのも事実です。

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、ハラスメントの有無に関わらず、まずは職場への正しい理解と、ハラスメントという課題を期に、ハラスメントが存在しえない職場作り、ハラスメントといわれない言動を身につけていく必要があると考えます。

ハラスメント研修では、ケーススタディ、ワークを通してハラスメント対策を考えていきます。

大切なのは、一人一人の意識です。

ハラスメント対策は、能力発揮と快適な職場作りに貢献します。

≪会場≫

東京本部・大阪本部・名古屋市伏見駅界隈の3か所で実施

≪ハラスメント研修3時間~カリキュラム~≫

 
  • ハラスメントとは
    ハラスメントの種類
    ハラスメントと同様の組織のリスク
    ハラスメントが与える影響



  • セクシュアルハラスメントとは
    セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    2つのセクハラタイプ
    セクハラの原因
    セクハラの判断基準
    セクハラと認定された事例

 
  • パワーハラスメントとは
    パワーハラスメントとは
    6つのパワハラタイプ
    パワハラの原因
    パワハラの段階別行動
    パワハラグレーゾーン
    自身がパワハラを起こさないために
    パワハラと認定された事例
  • その他のハラスメント

  • ハラスメントの未然防止、相談を受けた場合の対応
    組織全体のハラスメントの未然防止
    部下からハラスメントの相談を受けたら


  • ハラスメント対策に欠かせない職場環境の作り方
  • 相手への配慮した言動トレーング

 

 

 


第2回 東日本大震災復興チャリティ-ライブイベントのお知らせ (14/03/16)

本照寺.jpg

4月6日(日)、大阪府八尾市本照寺にて、当協会協賛による復興チャリティーライブイベントを行います。

大震災から3年が経過いたしましたが、まだまだ爪痕は大きく残されたままの地域も多く存在いたします。

さらにPTSD(心的外傷後ストレス障害)といった精神的な後遺症は、年がたつほど増加しております。

私たちは毎年震災に遭われた方々に、少しでも心の支えになるよう、チャリティーライブイベントを行っております。

去年も多くの方にご賛同いただき、大盛況に終わりました。今回も多くの方のご来場をお待ち申し上げます。

<花音祭 at 本照寺~東北復興チャリティーライブイベント~>

~聞け、生の声を!届け、大阪の思いよ!~

【内容】

●東北復興セレモニー

現地の声よ、大阪に届け!今私たちにできることとは
「ドキュメンタリー上映」

●チャリティーライブ

出演:ゴスペル・461モンブラン・インド舞踊・泉たくとギターソロ                                  その他

*特別出演

東北「夢かなうプロジェクト」代表シンガーソングライター 灯織

*司会進行

NPO法人 日本メンタルヘルスケアサポート協会 代表理事 奥江 裕理

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

□ 日時: 2014年4月6日(日)14:00~17:00

□ 場所: 光要山 本照寺境内 大阪府八尾市黒谷6-74(近鉄信貴山口駅から徒歩7分) ※無料駐車場有

□ 参加費: 2,000円 高校生以下無料 ※この収益は全て、陸前高田市図書館建築の支援金にさせて頂きます。

□ 当日に関する連絡先: 本部 06-6372-9679 または080-6143-3703(三田村 英宗)


名古屋のラジオ番組に出演しました。 (14/02/16)

名古屋から情報を発信するfmGIG様にてラジオ番組に出演しました。


岡山県印刷会社様社員研修を行いました。 (14/02/13)

岡山県にある印刷会社様にて、2泊3日で社員研修を行いました。

ビジネスマナーとメンタルヘルスの両方をお伝えしました。


 1 
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|トピックス

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介