メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > プロフェッショナルカウンセラー養成講座

プロフェッショナルカウンセラー養成講座

会社員からカウンセラーへ転職するには (17/10/18)

会社員からカウンセラーへ転職するには】

会社員の方で、カウンセラーを志望し、転職したいと言われる方は意外と多いです。

何故かというと、職場で起こるストレスの中で自分がダウンした、またはダウンした人がいた経験より、

「何か自分がお役に立てないか」

と考え、カウンセラーとして多くの心を支えたいという気持ちが働くからです。

ただ会社員時代にカウンセラーの勉強をし、転職、いざという時に、経営の仕方が分からない、資料が作れない、人が集まらないという現実にぶつかる方が多いのが現実です。

カウンセラーとして仕事を行うにはもう一つつけなければならない大事な知識があります。

それが経営ノウハウです。

職人ノウハウと経営ノウハウ、これは切っても切れないもの。

会社員からカウンセラーへ転職するには、どちらも学ばなければならないのです。

そのノウハウが同時に得られるのが、日本メンタルヘルスケアサポート協会の講座システムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■会社員からカウンセラーとして独立する!

プロフェッショナルカウンセラー養成講座

 

 


傾聴とカウンセリングの違い (17/09/28)

傾聴カウンセリングの違い】

傾聴とは、「耳を傾け意識してきく」ことです。

時に、傾聴とカウンセリングがごちゃごちゃになっていて、≪ひたすら聴く=カウンセリング≫と捉えられることもあります。

では、傾聴とカウンセリングは、何が違うのでしょうか。

一つ挙げれば、「ゴール」が違う、ということ。

傾聴のゴールは、「聴く」ことにより相手の現状を引き出すこと。

カウンセリングのゴールは、傾聴により引き出したものを使って、相手の問題解決まで導くこと。

傾聴は、傾聴のスキルを道具とします。

カウンセリングは、傾聴によって引き出されたものをカウンセリングスキルを使って、相手が納得いく味へ調理すること。

例えば、カレールー。

ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、お肉。これを包丁、ピューラーを使って、具を用意します。

この包丁、ピューラーが、傾聴。

その道具を使って用意された具を、手順に従って炒め、煮込み、ルーを入れ、味を調える。

この手順が、カウンセリング。

ただ、傾聴がないと、その先には進まない。

だからこそ、カウンセリングにとって、大切な道具が傾聴というわけです。

・カウンセリング技法が集中して学べるメンタルヘルスプロフェッショナルカウンセラー養成講座は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 


プロフェッショナルカウンセラーの特徴 (17/09/27)

プロフェッショナルカウンセラー特徴

メンタルヘルスプロフェッショナルカウンセラーとは、心理カウンセラーが行うカウンセリング技法と、例えば絵画療法、造型療法といった芸術療法を学ぶことができる講座です。

クライエント(相談者)の中には、悩みに悩み、そして病院へも通てらっしゃる方がいらっしゃいます。

その場合、根本的な要因、なぜそれが悩みになるのか、は、その方の持つ価値観や無意識に抑圧した感情、またトラウマといったものが存在していることも多い。

その深い部分は、傾聴だけでなく、傾聴を用いたカウンセリングスキルが必要となります。

メンタルヘルスプロフェッショナルカウンセラーは、そこを引き出し、悩みの要因についてアプローチし、問題解決まで導いていく力を持つことができます。

心理療法が身につくメンタルスプロフェッショナルカウンセラー養成講座は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 


過去を生きるか今を生きるか、立ち位置で変わる未来。 (17/08/17)

過去を生きるか今を生きるか、立ち位置で変わる未来

今を生きている。みんな外見や実際はそうです。

ただ気持ちが過去か今かによって、未来の外見や実際が大きく変わってくるのです。

過去を生きる、とは、過去の後悔や名誉、想い出に生きるということ。

あの時あれがなかったら、あの時の自分は勢いがあった、あの頃はよかった。

この思いが強いと過去を生きていること。

今を生きるとは、今がこうだから、どうするに目がいっているということ。

現状をしっかりと受け入れられること。

過去を生きると未来が見えない。どちらかというと暗くなる。

今を生きると未来は展望が見える。

未来はハッピーに越したことはないですよね。

では、視点をくるっと今に持ってくると、変わるかもしれませんよね。

今ここに、あなたは生きています。

相手が自分と向き合えるように誘導できるようになるプロフェッショナルカウンセラー養成講座は、こちら。


プロのメンタルヘルス指導法とは (14/07/07)

プロのメンタルヘルス指導法とは。」

プロのメンタルヘルス指導者とは、心の病防止の指導ができるだけでなく、目標達成のサポートができる人です。

メンタルヘルスの真の目的は、成果を出せる人にならせることだからです。

社員をやる気にさせる一言ってどんなのがあると思います?

「がんばれよ!」「失敗しないように取り組めよ!」
この一言を思いついた方は、実はやる気を「失わせる」一言なんです。

カウンセラーの仕事をする前の営業の仕事をしていました。
(似合ってると良く言われます(^_^;))

確かにこの言葉は良く上司からかけられていました。

そして
「はい、頑張ります!」
と言ったし、
「失敗しないように頑張ります!」
とも言いました。

ただその時は一瞬テンションが上がるのですが、その後はこんな気持ちになりました。
「頑張れなかったらどうしよう。」
「失敗したらどうしよう。」

とにかく失敗しないようにと思って行動しようと心がけた結果・・・。
仕事、取れませんでした。

上司には
「あれだけ失敗するなと言っただろうが!」
って怒られる。

それがさらに不安をあおり、
「また失敗したらどうしよう。」
と思って、営業に行くとやはり失敗する。⇒怒られる⇒「次失敗するなと言われる」⇒失敗する・・・・・

その時
「今はスランプなんだ。」
と割り切ったのを覚えてます(切り替えだけは早いです・・。)

ただこの失敗は、上司が失敗するように仕向けた結果なんですね。
もちろん上司は無意識ですが。

これは脳の仕組みに原因があります。

脳は否定形がききません。

いくら
「失敗するな。」と言っても、残るのは
「失敗」なんです。

上司が失敗するなというたびに、残るのは「失敗」
だから失敗する。

非常に理にかなった失敗の仕方だったんですね。

もしこの声掛けが、「しっかりPRしてこい!」
だったら「PR」が残るので、うまくいっていたかもしれない。

それくらい、その一言が業績、成果に直結するということです。
言葉には魂が宿ってるんですね。
では部下をやる気にさせる一言とは?

それをプロフェッショナルカウンセラー養成講座で全てお伝えしてます。
内容が気になった方はこちらをご覧ください。
http://www.mental-healthcare.org/lecture/ci/ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■たった2日で目標達成のサポーターになれる詳細はこちら。
≪プロフェッショナルカウンセラー養成講座≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/ci/ 


顔のトレーニングで笑顔美人 (14/06/30)

顔のトレーニングで笑顔美人

笑顔は人となりを表現する大切なポイントです。
好感を持てるような人になりたい方には、笑顔作りのトレーニングをお勧めします。

一日1分の笑顔トレーニングで好感度がすごく上がりますよ~。

そもそも笑顔が、なぜ必要なのか?

それは、相手の心の扉を開いてもらうためです。

「この人ともっと仲良くなりたい」
と思ったら、まず心の扉を開いてもらって、
「どうぞお入りください。」と言われなければ、その人に近づくことはできません。

その心の扉を開いてもらうための道具が「笑顔」なのです。
道具は使いこなしてナンボ。

使いこなすためには、自分のものにしなくてはなりません。
自分のものにしようと思ったら使える練習が必要なんです。

では、どんな笑顔トレーニングか。
いたって簡単。

両手で唇の端と端に手を当ててください。
そして、10回くらい、くるくると回し、口元の筋肉をほぐしてください。

そしてきゅっと上に手を持っていき、口角が上がった状態をつくる。
そのまま、手を離し、口角が上がった状態を10秒キープ!

さて、できましたか(*^_^*)?
10秒がつらい方は顔の筋肉が落ちている状態。
なのでトレーニングをすることにより、筋肉を鍛えるだけで、笑顔は作れるんです。

はい、これで皆様の好感度はすごーくアップ!!

講師にとって笑顔とは、相手に安心と安全を与える持っておかなければならないものです。

とくに、メンタルを扱う講師には、この空間創りが相手の心の声を引き出します。

でも、使いこなせるトレーニングは必要。
メンタルヘルスケア講師養成講座で、とことん笑顔、練習します(*^_^*)。

なので協会の講師は、笑顔がすばらしい!


気になる方は、下をクリックしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■メンタルヘルス研修が行えるようになる
≪メンタルヘルスケア講師養成講座≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/ei/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■たった2日で目標達成のサポーターになれる詳細はこちら。
≪プロフェッショナルカウンセラー養成講座≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/ci/ 


「自立」と「孤独」の勘違いが目標達成を阻んでいる。 (14/06/29)

「自立」と「孤独」の勘違いが目標達成を阻んでいる。】

自立とは、孤独ではない。
孤独になることが、自立ではない。

自立から孤独は危険だが、孤独から自立は、素晴らしい。
なんのこっちゃ?実は、自立と孤独を勘違いしている人が多いのです。

自立とは、依存や受け身から脱出して、自分の足で立つこと。
これは、本人の意思がともなってきます。
そして成長したいと思ったとき、何かを成し遂げたいと思ったとき、自分で考え、行動をおこすときも使われます。

では、孤独とは何かというと、仲間や知り合いがいなくさみしいこと、と辞書には載ってます。
ただ仲間がいても「受け入れられていない」「理解されていない」と本人が思ったら、孤独なんです。

ただ両者に共通することは1つ。
どちらも「気持ち」の持ちようということ。

自立と思っていても、「一人ぼっち」で頑張ると思えば、孤独。

自立から孤独が危険な理由は、自立するとき、「一人ぼっち」で頑張るしかない、と思うと、うまくいかない時、「助けて」って言えないんです。

自立した人とは、人に頼ることもできる人。

孤独から自立が素晴らしい理由は、「受け入れられていない」という感情が、「受け入れられている」「受け入れられる価値のある人間だ」と自分を尊重することができるようになるから。

自分をしっかり価値のある人と扱えるようになれば、自分がどこで必要とされているかを探すようになり、その答えが目標に変わり、目標を見つけると、そこに向かって一歩を踏み出すことができる!


成長って自立の積み重ね。
何か目標を持った時、頼っていい。
あなたは頼る価値のある人。
価値ある人としてしっかり自分を扱うことにより、自尊心が育ち、目標を達成するに値する人と思え、行動に移せるようになる。

ただ本人では、難しい。
周りが相手の自尊心を育てる関わり方が必要です。

目標を達成するための、原点です。

その相手を目標達成へ導くノウハウが身に付く講座が、
プロフェッショナルカウンセラー養成講座です。

気になる方は、下をクリックしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■たった2日で目標達成のサポーターになれる詳細はこちら。
≪プロフェッショナルカウンセラー養成講座≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/ci/ 


 2  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-6721-7551 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6721-7551(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介