メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > メンタルヘルスケア研修

メンタルヘルスケア研修

指導とハラスメントの違いとは (19/06/27)

指導ハラスメントの違いとは】

最近よく目にするハラスメント。パワハラ、セクハラなど、問題として取り上げられています。ただ逆に指導できなくなっている上司も並行して増えています。

 まずは「指導」について。指導には目的があります。

「社会に通じる人になるよう、教育する事。」

仕事をする上で、適切ができないと、部下自身に障害となります。

分かりやすく言えば、指導は相手のため、相手軸。

では「ハラスメント」は。

自身の感情を満たすのが大きな目的で、自分のため、自分軸。

優位に立ちたい、劣等感や孤独感の払拭、すっきり感、安心感。

複雑な感情を満たすことが目的です。

ハラスメントといわれるのが怖くて、指導ができない。

ポイントは相手のためかどうか。

もう一つは、言動として自分だったら受け取れる言動かどうか。

大切なのは、相手を思う気持ちと配慮です。

ハラスメントが学べるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

 


「仕事の質」の変化が原因で起るメンタルヘルス不調 (19/05/29)

【「仕事の質」の変化が原因で起るメンタルヘルス不調】 

最近の雇用者が労働者に求めている能力は、情報や知識といった、より専門性の高い「仕事の質」が求められています。実はこのことがメンタルヘルスに大きく影響します。

新しい技術や知識に追いつこうとしても追い付けず、「仕事の質」でストレスをかかえ、メンタルヘルス不調となり、かといって相談する相手もおらず・・・。

最終的に「仕事の質」が影響してメンタルヘルス不調からうつ病等、職場不適応症に至るケースも多いです。

大切なのは不調を訴えているサインに気づき、即フォローする力。

しっかりフォローシップ力を身に付けることが大切です。

ではどのような視点でメンタルヘルス不調のサインに気づくのか。

まずは行動の変化を見逃さないでください。

具体的な行動のサインから、その後の対応まで1日でわかるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

 

 


新型うつ病とは (19/05/11)

新型うつ病特徴

今職場で増えている「新型うつ病」。比較的若い世代に多く、上司が扱いを悩む要素になっているようです。

特徴として、

1. 新型うつ病は、自分の好きな仕事や活動の時は元気。

2. 新型うつ病は、「鬱」で休職することにあまり抵抗がなく、逆にうつを利用する 

3. 新型うつ病は、自責感に乏しく、他罰的で会社や上司のせいにしがち 

4. 新型うつ病は、どちらかというと真面目で負けず嫌いな性格。依存的

このような社員がいたら、新型うつ病を疑ってみてください。

======================

まずは基礎のメンタルヘルス技術習得から。

メンタルヘルスケア研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/mc/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 

 


メンタルヘルス不調から職場へ復職してきた社員への対応 (19/04/24)

メンタルヘルス不調から職場へ復職してきた社員への対応】

メンタルヘルス不調から心の病気にかかり、復職してきた社員の対応は非常に大切です。

なぜなら、この対応を間違えるとまた休職する可能性が高いのです。

厚生労働省の調べによると、半分以上の方がまた休職すると言われています。

やっと病気が治って復帰した社員。再休職させないためにも、ぜひ覚えておいてください。

●復職者への対応において適切な対応に○、そうでないものに×をつけなさい。

・復職後、すぐに復職前と同じ業務内容を任せる。

具体的な関わり方は、その人だけでなく、職場だけでなく、家庭や人生にも影響してくることなのです。

具体的なメンタルヘルスの関わり方を知るラインケア、メンタルヘルスケア研修は、こちら。

========================================

メンタルヘルスに関する様々な最新情報をゲットできる無料メルマガ登録は、こちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

 

答え(×)

 


職場不適応症とは?メンタルヘルスの関係 (19/04/24)

職場不適応症とは?メンタルヘルスの関係】

仕事でストレス過多状態になり、放っておくと職場不適応症という症状が現れます。これはいわゆるメンタルヘルス不調の進化症状。

不適応とは、適応できない状態。具体的には、急にめまいが襲ってきて倒れたり、原因不明な震え、猛烈な動悸など。

では、職場不適応症の種類として、不適切なものを1つ選びなさい。

(A)不安障害 (B)パニック障害 (C)新型うつ病 (D)統合失調症

このような症状が出たら、ストレス過多であることを思い、休息という対応をしてください。

これは決してずる休みではなく、これから仕事をスムーズに行うための大切な「仕事の一環」です。

メンタルヘルスの具体的な関わり方がわかるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

答え(D)

 

 

 


メンタルヘルス不調者への適切な声のかけ方とは? (19/04/20)

メンタルヘルス不調者への良適切な声のかけ方とは?】 

メンタルヘルスの中でもメンタルヘルス不調者への最初の声がけは最も大切なことです。

・うつ病で休職中の相手に対し、最もふさわしい声のかけ方を選びなさい。

(A)「早く元気になってね!」

(B)「いつ復帰するの?」

(C)「とても辛かったよね。」

現在メンタルヘルスの重要性が見直される中、様々な情報がインターネットや書籍等で紹介されております。

ただ目の前にある状況に対して、実際どのように声をかけていくのか、どんな声のかけ方をすればよいのか、職場復帰した社員にどのような関わり方をすればよいか、といった具体的な行動まで身につけることが難しく、結果メンタルヘルス対策として進んでいないという企業様もいらっしゃいます。

メンタルヘルスケア研修は、メンタルヘルス対策として具体的な行動レベルの知識を習得するためのメンタルヘルス対策研修です。

メンタルヘルスケア研修では、起こり得る具体的な場面の対応法、対処法を重点的にお伝えします。

メンタルヘルスケア研修は、こちら。

答え(C) 

 

 


ハラスメントとメンタルヘルスの関係 (19/04/14)

ハラスメントメンタルヘルスの関係】

最近になり、結構出てくるようになった「○○ハラスメント」という言葉。

セクシャルハラスメント。

パワーハラスメント。

モラルハラスメント等々。

どこかで見聞きしたことはあるのではないでしょうか?

「メンタルヘルスとハラスメントって、何か関係があるのですか?」

実はこの質問、意外と多いのです。

単刀直入にお伝えすると、大あり、です。

まずハラスメントとは、「嫌がらせ・いじめ」という「行為」。

簡単に言うと、「迷惑行為」です。

この「行為」によって様々な内容がありますよ、というのが、○○ハラスメントとなります。

ここで大切な観点は、「人」ではなく、「行為」に注目すること。

その人自体が悪いわけではない。

ただその人が行っている「行為」が、人や職場に迷惑がかかっているのであれば、改善してもらう、また改善していく必要があります。

なぜ?メンタルヘルスを保つためです。

嫌がらせをされると、誰だって、当然苦しく、辛くなります。

それが毎日続く。

逆らったら余計にひどくなる。ただ仕事はしなくてはいけない。伝える相手もいない。

暴力・侮辱・暴言・嫌味・不快な言動。

想像してみてください。

この状態が続いたら、どんな気持ちになりますか?

言い返せないんです。相手が権力を握っているので。

精神的に追い詰められ、メンタルヘルス不調をきたし、結果うつ病といった心の病にかかり、休職や退職ということにもなる。

最悪な場合、自殺にまで至ることがあります。

最近の自殺要因として、ハラスメントが増えているという統計がありました。

本人は辛いのはもちろん、それを見ている周りも辛いし、不快。

何か言えば自分がターゲットになるかもしれない。

びくびくしながら仕事をする環境って、イメージするだけでも息が詰まりそうですよね。

職場全体が行為によって、メンタルヘルス不調をきたすのです。

ハラスメントを学ぶのであれば、メンタルヘルスを学ぶ必要があるのです。

ただ意外と同時を一緒に学べる講座って少ない。

だからこそ、協会のメンタルヘルスケア研修が人気なのです。

ハラスメント対策もしっかり学べるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介