メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > 傾聴トレーニング研修

傾聴トレーニング研修

傾聴スキルが命を救う (18/12/17)

傾聴スキルが命を救う】

「あの時、話を聴いてあげれていれば。」

うつ病などのメンタルヘルス不全で仕事の同僚、上司からよく聞く言葉です。

傾聴スキルのなさ。

その後悔は、ずっと続き、心の傷となってその方にも残ります。傾聴スキルのなさに自分自身を追い込むこともあります。

どう話を聴き、相手の心を軽くするのか。その傾聴のスキルは自分のためにも相手のためにも必要です。

あなたの聴き方、傾聴スキルで、命が救えるかもしれません。

*短期で傾聴スキルを身につける、傾聴トレーニング研修はこちら。

 

 

 


聴くスキルを養う効果 (18/12/13)

聴くスキルを養う効果

聴くスキルとは、相手の話を聴きだす力のことです。

どんな時にも「話を聞いてもらっている」と相手が思うことで、2人の距離はぐんと縮まります。

苦手な人というのは、もしかしたら自分が原因をつくっている場合もあります。

しっかりと話を聴いていますか?相手が「聞いてもらっている」と思う聴く力を身に付けることは、職場の雰囲気も変えます。

聴く力を高めて、来年をより楽しく仕事ができる空間にしましょう。

*聴くスキルを養う、傾聴トレーニング研修は、こちら。

 

 

 

 

 


傾聴スキルでストレスを軽減させる (18/12/12)

傾聴スキルストレスを軽減させる 】

過重労働が重なり、心を壊す人が増えています。ここでそれを食い止めるのが傾聴スキルです。

やむを得ずリストラを進め、残った社員の負担が増し、心の病に。

人手不足により残業が増え、心の病に。

かといって仕事はこなさなければならない。

周りができる心の病対策は、傾聴スキルによるカバーです。

仕事で辛い時、一言かけてもらって心癒された経験はないでしょうか?

その言葉の掛け合いがメンタルヘルス対策には本当に重要なんです。

*傾聴スキルが身につく傾聴トレーニング研修はこちら。

 


傾聴における「聞く」と「聴く」の違い (18/12/09)

傾聴における「聞く」と「聴く」の違い 】

傾聴を考える上で、まず覚えてほしいことは「聞く」と「聴く」の違いです。

話を「聞く」。話を「聴く」。

どちらも「キク」ですが何が違うのでしょう?

「聞く」は自然に耳に入ってくる「音」

「聴く」は意識を傾けてきく。傾聴の字でもあります。

信頼関係を築く上で大切なのは聴くこと。

しっかりと意識を傾け、「聴いていますよ」という態度が重要です。

そのような態度からしっかりトレーニングできる傾聴トレーニング研修は、こちら。


聴くスキルで部下との距離の縮め方 (18/12/08)

聴くスキル部下との距離の縮め方】

話を聴く、というのは「聞く」と違って目的があります。

聞くは、自然にきこえてくる音のこと。話を聞き流す、とは、こちらのことです。

聴くは、意識して耳を傾けてきく。何のために?相手の心情、状況を引き出し、問題解決する方法を探るため。

そして、相手と信頼関係を築くため。

部下の方と信頼関係を築きたい。もしかしたら「聴き方」に改良策があるようです。

聴くはスキル。スキルをもって聴くからこそ、道具は活かせるのです。

部下と信頼関係を築きたいと思うなら、まずは傾聴の仕方を身につけてみてはいかがでしょうか?

======================

信頼関係作りに欠かせない傾聴法、

傾聴トレーニング研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/bt/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 

 


傾聴スキルとカウンセリングスキルの関係 (18/12/06)

傾聴スキルカウンセリングスキルの関係】

傾聴スキルとカウンセリングスキルは切っても切れない関係にあります。

傾聴スキルとは、普段の聞き方ではなく、「相手」が「この人なら安心して何でも話せる」と思ってもらう聴き方。

普段の聴き方で、自分の誰にも言えなかった悩みをすぐ打ち明けられるでしょうか。

傾聴スキルは、この悩みもつい、言いたくなる聴き方です。

カウンセリングスキルとは、傾聴スキルをもって、相手の問題解決まで導くスキルです。

分かりやすく言うとカウンセリングスキルは、聴くことを通じ、相手の悩みの原因は何なのかを見つけ、それがどうやったら解決するかを導き出す手順のことです。

傾聴スキルがないと相手の悩みを聴き出すことさえできない。

その根本である傾聴をトレーニングするのが、傾聴トレーニング研修です。

======================

信頼関係作りに欠かせない傾聴法、

傾聴トレーニング研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/bt/ 

 

 


傾聴スキルは使ってなんぼ、トレーニングが要です! (18/12/06)

傾聴スキルは使ってなんぼ、トレーニングが要です!】 

いろいろな研修、セミナー、講座等で傾聴の練習が行われています。

知識は大切。ただ傾聴のスキルを何のために覚えるのか。

現場で使うためと自分が苦しまないためです。

傾聴スキルを持たず人の話を聴くと、ついアドバイスをしたり、聞きたい事を聞き出せなかったりします。

それは、自分自身にももどかしさを覚えるのです。

ただ傾聴スキルはスキルというだけにトレーニングでないと身につきません。

インプット→アウトプットの習慣をつけてぜひ周りの方の笑顔を創ってあげてください。

傾聴トレーニング研修はこちら。

 


 2 3 4 5 6  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介