メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > 2018年10月アーカイブ

2018年10月アーカイブ

日光とメンタルヘルスに欠かせないビタミンDの関係 (18/10/18)

日光メンタルヘルスに欠かせないビタミンDの関係】

秋冬は特に日照時間が短くなり、この時期SAD(季節性感情障害)を起こすなど、メンタルヘルスにも影響します。

そこで大きく関わってくるのが、ビタミンD。

私たちの身体では、日光を浴びることにより、ビタミンDが生成されます。

このビタミンDは、憂鬱感等の感情に大きく影響するということが、ある研修で実証されています。

ビタミンDの欠乏は、憂鬱感や不安にも大きく影響するのです。

日光に当たる時間が少ないと、ビタミンDが生成されにくくなり、結果気分障害などをもたらします。

そのため、意識してビタミンDを摂取することが求められます、

ビタミンDが多い食品として、キノコ類、乳製品、サンマなど脂の多い魚などに含まれます。

ただ食品で撮ることは、結構難しいという方は、ぜひサプリメントで調整してみてください。

このように自身でしっかりとメンタルヘルスのセルフケアを行うことはできるのです。

======================

ストレスケアの具体的な方法が身につく、

ストレスケア研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/sc/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


企業のメンタルヘルス担当者に求められること (18/10/17)

企業メンタルヘルス担当者に求められること】

メンタルヘルス不調により休職者が出た。これは企業の人事にとって痛恨の出来事です。

何故かというと、人事は人の管理。

メンタルヘルス担当でもあり、当然社員のメンタルヘルス管理ができなかったというのは、人事管理ができなかったということになります。

だからこそ、メンタルヘルス担当者にはメンタルヘルス不調者を

「出さない」努力と

「悪化させない」努力の2つのスキルが求められます。

「出さない」努力とは、職場環境の整備と上司の指導の仕方指導。

「悪化させない」努力とは、発見時の早期対応と復職者への再発防止策。

どちらかではなく、どの対策も並行して行うことが、企業の人事管理として機能していると言えるのではないでしょうか。

だからこそ、具体的方法が必要なのです。

======================

メンタルヘルス0次対策(未然防止)から、

3次対策(悪化防止・再休職防止)まで全て習得できる!

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


メンタルヘルス不調から心の病になる経緯~気づきポイント (18/10/16)

メンタルヘルス不調から心の病になる経緯~気づきポイント】

メンタルヘルス不調って他人事だと思ってませんか?

実は誰でもかかる可能性があります。メンタルヘルス不調から心の病に至る経緯を知っているかどうかがカギを握ります。

まずは、ストレスサイン。

頭痛、眠れない、胃が痛いといった身体の不調から始まります。

次に行動の不調。ミスが増える。人に当たる。一人でいたくなる。容姿に構わなくなる。

最後に精神面の不調。やる気が起こらない。怒りっぽくなる。常に何かに追われている気になる。

それでも放っておくと、放心状態。無力感。自己否定感、心の病となります。

だからこそ、まずは身体の異変に気付くこと。

あなたの身体を大切に。サインは、自分のことをしっかり見てほしいというサインです。

ではその時どんなケアをする?

モノの見方を変える捉え方変換法や体にアプローチした呼吸法、五感を活用したリラックス法などを身につけておくことが大切です。

 

======================

ストレスケアの具体的な方法が身につく、

ストレスケア研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/sc/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


バーンアウト症候群から見るワークエンゲージメント (18/10/15)

バーンアウト症候群から見るワークエンゲージメント

バーンアウト症候群という言葉を聞いたことはございませんか?

これは、バーンアウト=燃え尽きた状態になることを指します。

仕事の過重労働や過度のストレスで、焦燥感に駆り立てられ、自分を心身ともに追い詰めた結果、絶望感や喪失感状態になり、

まさに燃え尽きた状態です。

このバーンアウトになる過程として必ず「~なければならない」という気持ちがあります。

仕事をこなさなければならない。

成果を出さなければならない。

認めてもらわなければならない。

だから、がんばる。

バーンアウト症候群に陥らないための、逆の考えが、ワークエンゲージメントです。

仕事をしっかりこなしたい。

成果をもっと出していきたい。

認めてもらいたい。

しかも楽しみながら。だから、がんばる。

です。

同じ成果を出していても、気持ちが180度違えば、継続性やひらめき、効率等も大きく変わってきます。

社員を短距離ランナーとみるのではなく、マラソンランナーに育てるのは上司の役目。

持久力を持たせる指導がメンタルヘルス不調を防ぐためにも大切なのです。

======================

メンタルヘルス0次対策(ワークエンゲージメント)から、3次対策まで全て習得できる!

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


ワークエンゲージメントとワーカホリズムとは (18/10/14)

ワークエンゲージメントワーカホリズムとは】

最近、新しいメンタルヘルスの形として、ワークエンゲージメントが言われています。

そして、それと対比されるかのようにワーカホリズムという言葉があります。ワークエンゲージメントを進める上で、まずこの2つを違いをまず明確にしておく必要があります。

ワークエンゲージメントとは、仕事に対して

「熱意」(仕事に誇りややりがいを感じている)、

「没頭」(仕事に夢中になり集中して取り組んでいる)、

「活力」(仕事に積極的に取り組んでいる)

の三つが揃って充実している心理状態を指します(コトバンクより)。

分かりやすく言うと

「仕事が楽しい」状態です。

では、ワーカホリズムとは、

分かりやすく言うと

「仕事をしなければならない」状態です。

この2つ、仕事の内容や「行う」ことの向上は同じかもしれません。

ただ精神的にどの精神状態で仕事を行うかで、

やっている感、やらされている感が変わってき、心の負担度が逆になります。

同じ仕事を行うのであれば、ワークエンゲージメント精神で行うほうが良い。

ではどの様にワークエンゲージメント精神で仕事を行ってもらうか。

個人、職場、上司、この3点から捉える必要があります。 

======================

メンタルヘルス0次対策(ワークエンゲージメント)から、3次対策まで全て習得できる!

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


ストレスチェックの活用法 (18/10/11)

ストレスチェック活用法

ストレスチェックが義務化されて、1回は行ったという方もいらっしゃると思います。

ただ、このストレスチェックに関してやった皆様がおっしゃるのは、「で、どうなるの?」なのです。

ようは企業自体がストレスチェックを実施しただけで、活用法が分からないということです。

これでは高いお金を払って導入しただけで、労基への提出以外は役になっていないということです。

ストレス改善には寄与していないということです。

では、ストレスチェック結果はどのように活用すれば良いのでしょうか。

まず、ストレスチェック集団分析を行うところから始まります。

そして集団分析から見えてきた結果について、分析する目を養うこと。

何が弱いのか、強いのか、どこを改善すればよいのか、ちゃんと把握する事。

そして、社員へのメンタルヘルスの啓発。

必要性を感じてもらうこと。

特に上司へのメンタルヘルスの意識付けは大切です。

指導の仕方次第で部下のメンタルヘルス不調は防げるからです。

======================

メンタルヘルス0次対策(不調者予防)から、3次対策まで全て習得できる!

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


メンタルヘルスの0(ゼロ)次予防とは (18/10/09)

メンタルヘルスの0(ゼロ)次予防とは】

メンタルヘルス対策は現在1次予防から3次予防まであります。

・メンタルヘルス1次予防・・・セルフケア(自己ケア)

・メンタルヘルス2次予防・・・ラインケア(心の病防止)

・メンタルヘルス3次予防・・・ラインケア(再発防止)

ただ日本メンタルヘルスケアサポート協会では、0(ゼロ)次予防も大切と考えています。

・メンタルヘルス0次予防・・・ワークエンゲージメント(未然防止)

分かりやすく言うと2次予防が心の病防止に対し、0次予防は、メンタルヘルス不調防止という観点になります。

これには、働く人が快適な環境作り、そしてもっと頑張りたいと思う職場風土の見直しが必要であり、

そのためには上司の意識改革と接し方のトレーニングが必要になるのです。

======================

メンタルヘルス0次対策から、3次対策まで全て習得できる!

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 


 2  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介