メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ > 日本メンタルヘルスケアサポート協会

日本メンタルヘルスケアサポート協会

2019年 新年のご挨拶 (19/01/08)

【新年のごあいさつ】

明けましておめでとうございます。

日本メンタルヘルスケアサポート協会

代表理事 奥江です。

旧年は日本メンタルヘルスケアサポート協会ブロブをご愛読頂きまして、

誠にありがとうございます。

 

本年も引き続き皆様、

そして周りの方にとって少しでも

お役に立つメンタルヘルス情報を

発信してまいりたいと思いますので、

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて、正月休みが明け、

新たな気持ちで仕事に望む方も

多いのではないでしょうか?

 

今年の抱負、目標をしたためたり

した方もいらっしゃるのでは。

 

それは子供の時から続く、

「未来への期待と希望」

ですよね。

 

子どもの時は、

「素直」「純粋」「好奇心」だった考え方が、

中学校くらいから、

「でも」「だって」「どうせ」

が入り交じり、そのうち考え方が、

後者に入れ替わったりもする。

 

私の小学校の頃の夢は、

お花屋さん。

綺麗なお花に囲まれて、いい匂いの中だったら最高♪

て思ってました。

 

それが中学校に入ると、

「でもそんなにお花の種類覚えられないし、、。」

「だって、虫嫌いだし。」

「どうせ叶いっこない。」

という考え方にだんだん洗脳されて、

結局いつの間にか、そのことすら忘れていました。

 

いかがでしょうか?

 

「やりたい」ことに、

「できない理由」を付けること。

 

「自分を変えたい」と思いながら、

「変化が怖い」時、

「変われない理由」を付けたりする。

 

協会ではこれを、3つのD(でも、だって、どうせ)を取り、

「飛び出さない3D」と言っています。

 

実は変化って怖いんです。

それは、職場の移動とか意思のない変化ではなく、

何かを行うという意思を持った変化。

 

こうなりたい。

ああなりたい。

こんな仕事をしたい。

こんな人生を送りたい。

 

私自身、カウンセラーになりたいと思いながら、

学び始めた当初心のどこかにそんな3Dが潜んでいました。

そんな自分にいら立って先生に相談したんです。

 

「私は向いていないのでは。」

「他の仕事もしてるので、時間が取れない。」

「お金も心配だし。」

とか、とにかくぶっち明けで伝えたんです。

 

そうしたら先生は、一言。

「じゃ、やめる?」

と。

私は、「いや、そういうわけではなくって、、。」

と、すかさず言いました。

 

先生は一呼吸おいてから、

「奥江さん、向いてないという言葉を向きたいに変えてみて、

もう1回言ってみて。」

と言いました。

「私はカウンセラーに向きたい。」

 

それを言った瞬間、何だかストンと腑に落ちたんです。

今思えば、これはカウンセリング手法の一つ、

「言語の修正」という技法でした。

 

先生が、

「あのね、自分の心に素直になるって

そういうこと。

何を自分が苦しめているかって、

できない理由を作って、

その理由で無理やり自分を納得させようとしているからなの。」

 

「変化って人は怖い。

だって見たことがないものだし、何が待ってるか分からないから。

不安なの、単に。

でもその言葉を「期待」に変えるだけで、行動できる。

 

自分が自分に期待してあげないと、

自分がかわいそうじゃないかな。」

 

はっとしました。

そうそう、「素直」に「純粋に」に

自分の未来へ期待という「好奇心」を持つこと。

 

成長ってここから始まるんですね。

 

変化って勇気がいる。

でも一旦、踏み込んでしまえば、

前に進むだけ。

 

子どもの日。

今一度、振り返ってみませんか?

子どもの時の「感覚」を♪。

 

もし、カウンセラーになりたいという想いが

今あるのなら、自分の背中を押す一つにご覧ください。

 

======================

知識ゼロからスタート!

メンタルヘルスのエキスパートになる

・メンタルヘルスカウンセラー養成講座の詳細はこちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/ei/

 

 


虐待とメンタルヘルス問題 (17/11/03)

【虐待とメンタルヘルス問題】

虐待をする親の傾向として、何らかのメンタルヘルス問題を抱えていることが多いです。

その理由として、悩みや不安を誰にも相談できない環境というのがあります。

そしてその感情が子供に向く。慢性化、そしてより攻撃化が進んでいく。

大切なのは、声を出す場所の提供と親としては声を出す勇気。

そして、周りは発見する目と通報する勇気。

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、児童虐待防止運動「オレンジリボン運動」に参画し、虐待に関して様々な観点から「知ってもらう」ことを取り組みます。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

*日本メンタルヘルスケアサポート協会ではブロードウェイミュージカル「アリージャンス」を全力で応援します。

公式サイトhttp://www.theaterlive.jp 

 

 


ブロードウェイミュージカル「アリージャンス/忠誠」を応援します。 (17/10/27)

【ブロードウェイミュージカル「アリージャンス/忠誠」を応援します。】 

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、ブロードウェイミュージカル「アリージャンス/忠誠」を応援しています。

拘束からの不安を超えた恐怖。また友情や愛情。人種を超えて繰り広げられる絆。

ヒトと人とが、これほどまでに信頼という言葉が似合うドラマは他にないと言える、感動のミュージカル!

作品の内容は、現代の社会でも同じようなことが言えるのではないでしょうか。

当協会では、メンタルヘルスの観点から、人間関係の親密さが、どのような状況下でも人の心に影響するかを鑑みる作品として、推奨します。

3日間限定!ぜひ足をお運びください。

●応援アンバサダー宮澤エマ応援コメント動画
https://youtu.be/6NQ4gMPJY3U 

 

ALLEGIANCE_poster (002).jpg

 

 


ブロードウェイミュージカル「アリージャンス/忠誠」から見るメンタルヘルス (17/10/27)

【ブロードウェイミュージカル「アリージャンス/忠誠」から見るメンタルヘルス】 

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、ブロードウェイミュージカル「アリージャンス/忠誠」を応援しています。

拘束からの不安を超えた恐怖。また友情や愛情。人種を超えて繰り広げられる絆。

現代社会でも様々なストレス状況下におかれ、心に大きな負荷を抱えている方も多いです。

ただそんな状況下でも、「信頼できる」「なんでも話せる」人がいるだけで、安心感からストレスは緩和します。

当協会では、メンタルヘルスの観点から、人間関係の親密さが、どのような状況下でも人の心に影響するかを鑑みる作品として、推奨します。

3日間限定!ぜひ足をお運びください。

●応援アンバサダー宮澤エマ応援コメント動画
https://youtu.be/6NQ4gMPJY3U 

 

ALLEGIANCE_poster (002).jpg

 

 


日本メンタルヘルスケアサポート協会 代表理事より協会紹介 (17/06/21)

【日本メンタルヘルスケアサポート協会 代表理事より~協会紹介】

代表理事 奥江より、協会について生の声をお届けします♪

カウンセラーの存在がどれだけ人を動かすのか、少しでも心に残って頂ければ幸いです。

*代表理事 奥江裕理(動画像)

19393040_1781123228571173_4357433450676879360_n.mp4

**日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントライン 始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。

日本メンタルヘルスケアサポート協会ラインは、登録するだけで、「ほっ」とする方法を手に入れることができます。

職場や家庭での活用に、ぜひライン登録してみてください。

 

友だち追加


仕事で後悔をしないために承認力を上げる (17/04/27)

 

仕事後悔をしないために承認力を上げる】

仕事を行う中で、後悔をすることはありませんか。

あんなことしておけば良かったな。あの時、こんなことをしていれば。
「後悔」はどんな方でも経験あるのではないでしょうか。

でも後悔って、できればしたくない、方も多いはず。
では、後悔の回数を減らす方法とは???

「後悔先に立たず」
このことわざは、「後悔」とは、絶対に先に来ない、ですよね。

仕事でミスをする。
なんであの時、気がつかなかったんだ。

と自己嫌悪に陥った経験はないでしょうか。
どちらかというと、後味が悪い。
つい行動した自分、しなかった自分を責める。

後悔なんてしたくない!
そんな歌文句もありましたが(相川七瀬・・知っている人は同年代w)
後悔は、多くはマイナス面のことで使う。

あまり、できれば感じたくない感情かもしれません。

では、後悔しないためにどうするか?

後悔とは、過去の悔い。
でもその時は現在で、「これがベスト」と思って行っているはず。

そう、
その時はベストを尽くしているんです。

大切なのは、その時、しっかり行った自分を「認める」こと。
「承認」です。

認めることができない、のは承認する力が付いていないだけ。
承認力の有無です。

では「力」ってどうやってつけるのでしょう。

例えば、20キロ走ろうと思ったら、それに見合う身体にするために
トレーニングを行いませんか?

ない力は、トレーニングでしかついていきません。

トレーニングを継続して行うからこそ、「力」がつく。

承認力も同じ。
認めることを日々練習するようにすれば、力が付いてきます。

承認力とは、よく他人に対して使いますが、
自分に対しても使っていいんです。

どんな小さなことでも、どんな大きなことでもいい。
どんな成功でも、どんな失敗でもいい。

「行動した自分」を認めること。

よくがんばったね。
よくやりきったね。
よく動いたね。

言い換えれば、承認力とは「相手・自分を大切にする力」です。

大切な大切な命の入れ物。

一日一回でいい。
自分を大切にする一瞬を持ってください。

それが、後悔の回数を減らすポイントかもしれませんね。
新しい環境に慣れようとがんばっている方も多いはず。

4月からその疲れが出てくるのが1か月後。
だから、5月病、なるものが増えるんです。

今から心のメンテをしておきましょう。

その一つが、「一日一承認」です。
自分に対して1つ寝る前に承認をつくるだけでいい。

この承認、人を大切にする力をつける養成講座を毎月行っています。

大切な人の心を支えるために、
たった3日間「誰かのため」に時間を作りませんか(*^_^*)?

 

・メンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

■短期間でカウンセラー・講師の道へ!企業のメンタルヘルス担当者にもおすすめ!
≪メンタルヘルスカウンセラー養成講座~東京・名古屋・大阪≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

■メンタルヘルスカウンセラーって何するの?と思われた方はこちら。
http://www.mental-healthcare.org/

■講座をお得に受講できるモニターさん募集
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/04/post-84.html/

 

 

 

 


【上司を新入社員との意思疎通の仕方】 (17/04/26)

 

新しく新入社員を迎える季節、上司はどう意思疎通をとっていけばよいかメンタル面で悩む方も多いようです。

こんなことも。

上司が新入社員に
「報連相は徹底するように。それがミスを少なくする」
「はい!」と元気に返事をする部下。

次の日、上司の机の上に得体のしれないものが・・。実際の話です。

翌朝、いつものように出社して机の上を見た上司は、唖然としました。

「誰だ!ホウレン草を置いた奴は!」

これ、実際にあった話です。
どうやら1件だけではなく、数件はあるみたいです。

これを見て「そんなこと知らないの!?アホちゃう!」
なんて思った方、要注意・・・かも。

「あなた」が知っているだけで「相手」が知っているかどうかは別です。

意思疎通とは、お互いが分かりあっている状態。

「え!そんなのも知らないの!?」
という、一言で傷ついたことありませんか。

知っているだろう、で話して通じない時、
お互いが嫌な気持ちで終わります。

知っているだろうと感じた上司は、最後に部下へ確認。
「今言ったことで、質問ありますか?」

この時「今言ったこと、分かりますか?」はNO。
「分からないと返事をしたら、なんて言われるか怖い。」んです。
つい「ハイ。」と答える方もいるかもしれない。

そして、専門用語ほど解釈をしっかりつけて。

「報連相。これは報告、連絡、相談のことで、まず業務の結果を報告、内容についてみんなに連絡、分からないことは相談すること。
これが、全体のミスをすくなくする」

2秒の言葉が3時間の時間ロスを減らす。

急がば回れ。
急いでいる時ほど、慎重に安全で確実な方法をとる方が、結果的に早いかもしれません。

*講師として、レベルを高めたい方はこちら。

*講師養成講座
http://www.mental-healthcare.org/lecture/ei/

■短期間でカウンセラー・講師の道へ!企業のメンタルヘルス担当者にもおすすめ!
≪メンタルヘルスカウンセラー養成講座~東京・名古屋・大阪≫
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

■メンタルヘルスカウンセラーって何するの?と思われた方はこちら。
http://www.mental-healthcare.org/

■講座をお得に受講できるモニターさん募集
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/04/post-84.html 

 

 

 

 


 2  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介