メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ

メンタルヘルス企業研修のメリットと注意事項 (18/05/14)

メンタルヘルス企業研修のメリットと注意事項】

労働問題の関係で、メンタルヘルス研修を行う企業様が増える中、メンタルヘルス企業研修を行うメリットをしっかり理解しているかどうかは、効果を狙う上でとても大切です。

ただ研修の注意事項もあります。

まずメンタルヘルス企業研修を行うメリットは、「気づきを与えることができる」ということ。

メンタルヘルス自体、言葉の意味を把握していない方もいれば、言葉も知らない方もいます。

また、皆様イメージがバラバラなこともあり、気づきと意味の共通性を作っていく必要があります。

気づきと共通認識を作ることができることが最大のメリット。

ここで注意点なのも「気づきを与えるための研修」であるということ。

どういうことかというと、研修を1回行ったからといって、現状は劇的に変化しません。

もっと言えば研修で変化を求めてはいけないということです。

「研修を行うことで現状は変わりますか。」という質問があるのですが、

「変わりません」ときっぱり伝えます。

ただ後に活用することによって変えることができるということ。

メリットも注意点も「気づき」ということを理解しておくことが必要です。

・メンタルヘルス企業研修については、こちら。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


メンタルヘルス担当者に選任された!まず何するの? (18/05/11)

メンタルヘルス担当者選任された!まず何するの?】

働き方改革やハラスメント問題、様々な所でメンタルヘルスにまつわる出来事が出回っています。

そして企業のメンタルヘルス担当者を急に任された時、「で、何をすればいいの?」と戸惑いを感じる担当者の方も少なくありません。

メンタルヘルス担当者に任命された場合、まず何から行えばよいのでしょう。

最初に行って頂きたいことは、メンタルヘルスへの理解。

そもそもメンタルヘルス自体が何で何を行うものなのかが把握できないと、やるべきことも見えてきません。

知識の次に行うことは、目標と課題の明確化。

メンタルヘルスを行う上で、今どんな課題があるのか、いつまでにどうなっておきたいのか、多少なりとも目標を決めること。

最後に、優先順位及び手順の決定。

今の状態で何から着手するのか、またどういう流れでメンタルヘルスを行っていくのかを決めます。

では具体的知識や手順の組み方など、どのように行っていくのか。

全てが短期間で入手できるのが、メンタルヘルスカウンセラー養成講座とメンタルヘルスプランナー養成講座です。

トータルで4日間で全てが入手できます。特に企業様の受講が増えています。

「急に担当者として任命された」

その様な時に最短で学べる講座です。

メンタルヘルス担当者に最適!メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


五月病とうつ病の関係 (18/05/10)

五月病うつ病の関係】

ゴールデンウィーク明けに見られる五月病という症状。類似的な意味で取られるうつ病。

では五月病とうつ病との違いは何なのでしょう?

まず五月病は、ゴールデンウィーク明けの5月に見られる兆候が多いので五月病といます。ただゴールデンウィークに限らず、長期の休暇明けに見られる症状です。

夜眠れないかったり、朝起きられない などの睡眠障害
風邪をひきやすくなるなどの免疫力低下
頭痛やめまいなど体調の変化
食欲がない。

また、焦りや不安を感じ続けたり、何をするのも億劫、興味や関心事が薄れるなど、気分の抑揚がないなども症状です。

ただうつ病ではありません。うつ病に似た症状がでてくるというもの。

ではうつ病の症状とは、上記の症状がさらに重くなり、朝起きれず布団から出れない、食欲が低下し味覚障害も現れたり、常に不安に感じ、身体が鉛のように重く行動すること自体ができない、常に自分自身が悪いという思考になります。

ゴールデンウィーク明けのこの2週間でもし、意欲や睡眠に違和感を感じたら、それ以上悪化させないために、リラックスすることを行ったり、適度な心のゆとりを持つように心がけましょう。

メンタルヘルスに関するノウハウがたった1日で網羅できる、メンタルヘルスケア研修は、こちら。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


長期休暇明けだからこそ大切なストレスケア (18/05/07)

長期休暇明けだからこそ大切なストレスケア

GWではしっかりリフレッシュいたしましたでしょうか?

実はこの長期休暇明け一週間が最もストレスケアが大切な時期です。

さて、今日から日常。「よし!気合い入れて頑張るぞ!」と思っている方も多いと思います。

ここで、覚えておいてほしいことは、「深呼吸ペース」

頑張るぞ!というのは、どちらかというとダッシュに近いペース。

深呼吸ペースは、どちらかというとゆっくり。

どういうことかというと、ダッシュ=GW前のペースに戻すには、準備運動が大切、ということです。

実は、いわゆる「五月病」になるかどうかは、GW明け、この1週間で決まるといっても過言ではありません。

GW前まで休みに向けて猛ダッシュ。そして完全身体も心もオフになる長期休暇。

心身ともに睡眠状態です。

そして今日。

今まで寝ていて、すぐ猛ダッシュできますか?

逆にそれをすると、足を壊しますよ。

猛ダッシュするためには、猛ダッシュが出きる状態を整えなければいけません。

心も同じです。

張り切りって猛ダッシュをしようとするけど、なぜかいつもと違う。

「おかしいなぁ。休養はしっかりとったのに。なんでこんなにだるいんだろう。」

そこで、こんな事ではいけないと思い、猛ダッシュな心になろうとする。

でも今までと違う。効率が上がらない。気持ちが乗らない。身体が重い。

そこでまた焦る・・・。

負のスパイラルにはまっていくのです。

今日のあなたの心は、寝ていて起きたばかり。

まずはそれを覚えておいてください。

一週間は準備運動。

もちろん仕事は溜まっているかもしれません。

ただ大切なのは、張り切るのではなく、ゆったりとした気持ちで仕事をすることです。

深呼吸ペース。心がけて見てください。

猛ダッシュするための一週間です。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


ストレスを摂るストレスケア法とは? (18/05/05)

ストレスを摂るストレスケア法とは?】

ストレスケア、ストレス解消という言葉は、今や見ない日がないくらいになっています。

その1つの方法として、「ストレスを摂る」ことがあります。

ストレスを摂るとはどういうことでしょう。

実はストレスには2つあるんです。

「摂った方が良いストレス」と「取り外した(解消した)方が良いストレス」

 下のストレスはだいたい納得できるストレスだけど、上のストレスってどんなストレス?

 そもそもストレスって、どちらかと言えば私たちに「害」を及ぼすものというイメージがないでしょうか?

テレビなどでも「ストレスに効く!」なんていう、サプリや薬まで登場していますよね。

 ここで観点を180度変えて頂きたいのは、「ストレスは無害である」ということなんです。

 なぜ?「ストレス=反応」だから。起こった出来事に対する反応のこと。

 この説明は、当協会で行うストレスケア研修で詳しくお伝えするので割愛しますが、

ただ「モノ」によって私たちに有利に働くモノと不利に働くモノがあるんです。

 では有利に働く、摂った方が良いストレスってどんなストレスなのか。

 まずアルファベットで並べてみてください。

 S・T・R・E・S・Sですよね。

これにそれぞれの意味があるんです。

S・・・sports  運動

心地よい汗をかく程度の運動

T・・・travel  旅行

遠出でなくてもいいんです。気ままな外出、例えば近くの公園でも良い。

R・・・recreation  娯楽

趣味を楽しむことで良いのです。

E・・・eat  食事

高い料理というイメージではなく、普段の食事を味わって食べること。

S・・・smile  笑顔

面白いから笑うのではなく、笑っていると楽しくなりますよ。ぜひトライ!

S・・・sleep  睡眠

長時間寝るのではなく、熟睡感を感じる睡眠です。

ずばり当て字ですが、このS・T・R・E・S・Sは、意識しないと摂れないんです。

 逆に日頃からこのS・T・R・E・S・Sを意識して摂るだけで、「ストレス解消」にも繋がります。

ぜひ質の良いストレスを摂ってください。

様々なストレスケア法が知れるストレスケア研修は、こちら。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


メンタルヘルスとハラスメントの関係 (18/05/01)

メンタルヘルスハラスメントの関係】

最近になり、結構出てくるようになった「○○ハラスメント」という言葉。

セクシャルハラスメント。

パワーハラスメント。

モラルハラスメント等々。

あなたもどこかで見聞きしたことはあるのではないでしょうか?

ある研修の打ち合わせで担当者の方が、「メンタルヘルスとハラスメントって、何か関係があるのですか?」

と言われました。実はこの質問、意外と多いのです。

まずハラスメントとは、「嫌がらせ・いじめ」という「行為」。

この「行為」によって様々な内容がありますよ、というのが、○○ハラスメントとなります。

ここで大切な観点は、「人」ではなく、「行為」に注目すること。

その人自体が悪いわけではない。ただその人が行っている「行為」が、人や職場を困らせるのであれば、

改善してもらう、また改善していく必要があります。

なぜ?メンタルヘルスを保つためです。

嫌がらせをされると、誰だって、当然苦しく、辛くなります。

それが毎日続く。逆らったら余計にひどくなる。ただ仕事はしなくてはいけない。伝える相手もいない。

暴力・侮辱・暴言・嫌味・不快な言動。

精神的に追い詰められ、メンタルヘルス不調をきたし、結果うつ病といった心の病にかかり、休職や退職ということにもなる。

本人は辛いのはもちろん、それを見ている周りも辛いし、不快。

何か言えば自分がターゲットになるかもしれない。

職場全体が行為によって、メンタルヘルス不調をきたすのです。

だからこそ、ハラスメントを学ぶのであれば、メンタルヘルスを学ぶ必要があるのです。

では、具体的にどのようなハラスメントの基準があるのでしょうか?

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


ゴールデンウィークだからこそできる超簡単ストレスケア法とは (18/04/28)

ゴールデンウィークだからこそできる超簡単ストレスケア法とは】

ゴールデンウィークに突入しました!帰省を予定している方も多いのではないでしょうか?

故郷に帰ったら「何だか」「妙に」ほっとする瞬間ってありませんか?

実は「慣れた空気に触れる」というのもストレスケアなんです。

「何だか」「妙に」というのは、感覚。その感覚に理由はありません。

例えば、湯船につかった瞬間って「ふ~、気持ちいい~。」て感じますよね。

そこで、「今40度で、これはリラックスに最適の温度だから気持ち良いんだ。」なんて考えない。

理屈抜きで気持ちいい、快は、快なんです。

これと同じ。

故郷の空気に触れるだけで、懐かしい、と感じるだけで、ホッとする。

それは、理屈抜きで安心感で包まれるから。

ぜひ、懐かしいさと安心感を意識して味わってみてください。

今まで帰っていた感覚とは違う、より一層の「快」を味わうことができますよ !

その他のストレスケア法もメルマガでたくさん紹介してます。

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896 

☆最短でカウンセラー・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html 

 

 


[BACK]  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介