メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ

家庭でのカウンセリングスキルの必要性 (18/12/02)

家庭でのカウンセリングスキル の必要性

家庭の中の人間関係は、学業にも仕事にも大きく影響します。

カウンセリングスキルは、家庭の人間関係を良いものにし続けるために、効果を発揮します。

例えば、子供が勉強のことで悩んでいる時、旦那さんが仕事で悩んでいる時、

さりげなく傾聴のスキルをもって聴く。それだけで、心が軽くなります。

カウンセリングスキルが身に付いていない時は、相談されてもアドバイスしたり、時に「もっとがんばれ」など叱咤激励をするかもしれません。

向こうはただ聴いてほしいのです。

またカウンセリングスキルは、家庭を信頼関係でつなぐ役目もします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■短期でカウンセリングスキルを身に付ける!

メンタルヘルスプロフェッショナルカウンセラー養成講座≫


メンタルヘルス問題で急増する新型うつ病 (18/12/02)

メンタルヘルス問題で急増する新型うつ病

*新型うつ病とは?

若者に多く、嫌なことをしているときにだけ症状がでます。


たとえば仕事が嫌だという若者は、仕事中にだけ症状が出て仕事が終わったとたんに元気になります。

嫌なことをしないかぎり一見ふつうの若者なため上司や同僚からは

"ただのわがまま""やる気がないだけだろう"と言われかねないですが、鬱病の診断書をもらって

休職までする若者も増加しています。

また何度も繰り返し、完治しないと治療に時間がかかります。

治療は本人の意思が大切です。

まず「治すぞ!」という事を決め、精神科を受診してください。

克服することにより、より楽しい生活が待っていますよ。

メンタルヘルスケア研修

 

 


心理カウンセラーを仕事に (18/12/01)

心理カウンセラー仕事に』

心理カウンセラーとは、誰にも言えない心の悩みを一緒に考え、問題解決を目指す心のスペシャリスト。

ストレス社会といわれる今、非常に注目を浴びている仕事の一つが心理カウンセラーです。

中でも社会現象になっているメンタルヘルスについては、特に今後仕事の幅として需要を求められております。

当協会では3日でメンタルヘルスの基礎、カウンセリングの基礎、研修講義テクニックを学び、活躍の場を即提供できるプログラムを組んでおります。

心理カウンセラーとして人のお役に立ちたい、世の中を元気にしておきたいという方には、またとない資格です。

======================

まずは基礎のメンタルヘルス技術習得から。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/ 

 

 

 


「眠れない」という睡眠の相談への対応 (18/12/01)

『「眠れない」という睡眠の相談への対応

メンタルヘルスケアに良質な睡眠は欠かせません。

毎日決まった時間分眠れている、目覚めが爽やかですっきりしている、布団に入ったら30分以内に寝付ける等、良質な睡眠の条件を満たしていると、心の安定につながり、冷静さ、穏やかさ、瞬発力、プラス思考等を養うことができます。

眠れていたのに最近眠れない、というのはストレスを抱えているサインです。このサインを見逃すと症状はどんどん悪化し、睡眠障害により、うつ病へ発展するケースは少なくありません。

「眠れない」と相談された場合は、即対応しましょう。

まず時間をとって話を聴く。いつからか、そのきっかけ、お昼に眠くなるかどうか、仕事の相談にのってくれている人はいるかどうか、気持ちはどうか、過去同じような経験はあるか、食事はしっかりとれているかどうか。これを傾聴をもってじっくり聴きましょう。

聴くポイントを押さえ、その上で「眠れない」という睡眠の相談についてどうするかを判断しましょう。

*メンタルヘルスケア研修はこちらから。

 


ストレスってなに?ストレスの正体とは (18/12/01)

ストレスってなに?ストレスの正体とは

最近、ストレスという文字を見ない日がないくらい、歩いていてもよく見かけ、また言葉でも頻繁に出してませんか?

ではストレスって何でしょう。

ストレスとは「外からの刺激に対する反応」の事です。

上司から怒られる(外からの刺激)

ドキドキする(反応)

うれしい言葉をかけてもらう(外からの刺激)

喜ぶ(反応)

この反応の事をストレスと言います。

この反応はあって当たり前なんです。

ただ自分にとって負担となる反応は、できるだけ避けたい。

ではいい反応に換えれば、マイナスの反応ではなくなるわけです。

どう捉えるか。

その捉え方を換えるためには、トレーニングが必要。

ぜひ意識して、マイナスストレスをプラスストレスに換えれるようにしてください。

======================

まずは基礎のメンタルヘルス技術習得から。 ストレスケア研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/sc/

 

 

 


ストレス社会に必要なストレス解消 (18/12/01)

ストレス社会に必要なストレス解消法

ストレス社会と言われる現代、働く多くの方が様々なストレスを感じ、ストレス解消を求めています。

ストレスをどんどんため続けると、頭痛、冷え症、肩こりなど、体に様々な悪影響を与え、さらにミスが増える、やる気の低下など身体的にも心にも影響を与えます。

元気で働くため、充実感をもって働くため、意欲をもって働くためには、一人ひとりがストレス解消に努め、ストレス解消する手段を持ったおくことがとても大切です。

まずは自分の好きなことを思い出してみましょう。

「歌を歌う」「おいしいものを食べる」「旅行へ行く」「テニスをする」「映画を見に行く」「ウィンドウショッピング」

何か思い当たることがあるはず。その一つを1週間に1回やりましょう。

ストレス解消のために好きなことをすることは、特別なことではないのです。

例えば「旅行へ行く」であれば、近場のスポットでもいいのです。日帰り旅行になりますよね。

近所の公園へ行くでも、違う場所に心を置くことが大事。

「歌を歌う」は部屋で歌詞カードを見ながら歌うのもいいでしょう。

「すっきりした!」と思ったら、それがストレス解消です。

ぜひ意識して、自分のできるストレス解消法を見つけてください。

======================

まずは基礎のメンタルヘルス技術習得から。 ストレスケア研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/sc/

 

 

 


ストレスの種類 (18/12/01)

ストレス種類

「ストレス」と聞けばどちらかというと「悪者」のイメージが強い、という人が圧倒的ではないでしょうか?

ストレスとは外部からの刺激による体の反応のこと。

実はストレスには2通りあります。プラスに働くストレスとマイナスに働くストレス。

プラスに働くストレスとは、例えば自分に危機感を感じたとき、緊張しませんか?

例えばプレゼン前、何かの発表前、危機感がなかったらどうでしょう?

適度なストレスが成功を導くときもあります。

ただそれがマイナスに働くと、緊張しすぎて言葉が出ない、頭が真っ白になるなど、マイナスの影響となります。

大切なのはストレスと上手に付き合うことです。

自分にとってマイナスのストレスをどう扱うか、です。

ストレスケア研修についてはこちら。

 


[BACK]  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介