メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ

職場環境を改善する利点 (18/12/17)

職場環境改善する利点』

職場の環境は、仕事を快適にする上で、欠かせない要素です。

職場環境を改善することによって、人間関係が良くなるだけでなく、チームワーク力向上から効率、成果の向上も促します。

今改善策をこうじることで、後々の業務成果がぐんと伸びる会社が多いです。

この機会にぜひ職場を見直し、環境改善を促すことをお勧めします。

職場環境改善研修はこちら。

 


傾聴スキルが命を救う (18/12/17)

傾聴スキルが命を救う】

「あの時、話を聴いてあげれていれば。」

うつ病などのメンタルヘルス不全で仕事の同僚、上司からよく聞く言葉です。

傾聴スキルのなさ。

その後悔は、ずっと続き、心の傷となってその方にも残ります。傾聴スキルのなさに自分自身を追い込むこともあります。

どう話を聴き、相手の心を軽くするのか。その傾聴のスキルは自分のためにも相手のためにも必要です。

あなたの聴き方、傾聴スキルで、命が救えるかもしれません。

*短期で傾聴スキルを身につける、傾聴トレーニング研修はこちら。

 

 

 


ストレスと職場の人間関係 (18/12/15)

ストレスと職場の人間関係

職場のストレスの原因、第一位は職場の人間関係です。

皆様も人間関係で心当たりありませんでしょうか?

・威圧的な上司

・うじうじ言い訳をしてやらない上司、部下

・恩着せがましく仕事を手伝うよう仕向けてくる上司・・・。

別にその人の事は嫌いじゃないけど、そんなシチュエーションが嫌い。そしてこの人間関係がストレスになる。

逆に言えば、この人間関係が解消できたらストレスが減りますよね。

自分がいきいきと楽しくなるためにその対処法を知ることは大事です。

*人間関係のストレスケアに役立つコミュニケーションストレスケア研修は、こちら。

 


ストレスケア(セルフケア)は心の大掃除 (18/12/14)

ストレスケア(セルフケア)は心の大掃除】

大晦日に大掃除をされる方も多いと思います。きれいになると、気持ちよく新たな出発に望める気になります。

心はどうですか?

仕事でのストレス、溜まったままにしていませんか?来年を気持ちよく、すっきりして過ごすために、ストレスケア(セルフケア)をして心の大掃除をしてください。

セルフケアは、あなたの心を軽くするばかりか、セルフケアを行っていくことで、心の誇りを溜まりにくくします。

年始にぜひ行ってください。

ストレスケア(セルフケア)研修はこちら。

 

 

 

 

 


メンタルヘルス不調復職する時期と会社の対応 (18/12/14)

メンタルヘルス不調復帰する時期と会社の対応】

休職中の社員から職場復帰の申し出がなされたとき、会社としてどのようにしていいかわからない

という相談をよくいただきます。

問題点は、

  1. 休職中の様子がわからない。
  2. 産業医がいない。
  3. 就業規則で休職の規定は定められているが、復職に関する規定は具体的に定められていない。

などが挙げられます。

復職支援は休職中から始まっています。

本人の負担にならない範囲で定期的に連絡を取って様子を伺うことは、職場復帰の判断の参考にもなります。

また、産業医が選任されていない場合は、本人の同意を得て、人事労務担当者等が主治医へ本人と一緒に同行受診することも重要です。

普段から主治医と連携を取ること、そして、本人と定期的な連絡を取ることは、スムーズな職場復帰にもつながり、

会社の安全配慮義務の範囲とも考えられます。

さらに就業規則において復職の規定を作成することも大切です。

休職の発令をするためだけの規定ではなく、休職中のケアから復職後のフォローまでを就業規則できちんと定めておくと、今後の対応もスムーズになります。 

・メンタルヘルス対策が一から学べるメンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

 

 


メンタルヘルスカウンセラーを受講される方は? (18/12/14)

メンタルヘルスカウンセラー受講される方は?】 

日本メンタルヘルスケアサポート協会のメンタルヘルスカウンセラー講座を受講される方はどんな方が多い?

本当に多種多様ですが、多いのは介護やヘルパーのお仕事をされておられる方が多いです。

また専門学校に通われておられる方も多いです。

歳別に見ると20~40代の女性です。

これからの時代、メンタルヘルスの知識を習得しておきたい方が積極的に受講されておられます。

様々本が出ておりますが、それだけでは学べないトレーニングがあるのが好評。

身に付いてなんぼ、です。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座

 

 

 


メンタルヘルス講師派遣先を吟味する必要性 (18/12/13)

メンタルヘルス講師派遣をする必要性】

メンタルヘルス対策として研修講師の派遣をご検討中の企業様は多いはずです。

ただ、メンタルヘルスが扱える派遣講師は意外と少ないことに気付きませんか?

メンタルは扱える講師と、メンタルヘルスを扱える講師は別物です。

ヘルスが付くだけで、何が違うか。

ヘルス(ケア)=健康管理法です。

なので心の健康管理法を扱うのは、心を扱うのとは、違う知識が入ります。

メンタルヘルス講師派遣をお探しの企業様は、この辺りを理解しておかないと、予想しない内容が飛び出してくるかもしれません。

メンタルヘルス講師派遣はこちら。


[BACK]  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介