メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ

指導とハラスメントの違いとは (19/06/27)

指導ハラスメントの違いとは】

最近よく目にするハラスメント。パワハラ、セクハラなど、問題として取り上げられています。ただ逆に指導できなくなっている上司も並行して増えています。

 まずは「指導」について。指導には目的があります。

「社会に通じる人になるよう、教育する事。」

仕事をする上で、適切ができないと、部下自身に障害となります。

分かりやすく言えば、指導は相手のため、相手軸。

では「ハラスメント」は。

自身の感情を満たすのが大きな目的で、自分のため、自分軸。

優位に立ちたい、劣等感や孤独感の払拭、すっきり感、安心感。

複雑な感情を満たすことが目的です。

ハラスメントといわれるのが怖くて、指導ができない。

ポイントは相手のためかどうか。

もう一つは、言動として自分だったら受け取れる言動かどうか。

大切なのは、相手を思う気持ちと配慮です。

ハラスメントが学べるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

 


パワーハラスメントの定義 (19/06/06)

パワーハラスメント定義

企業でのパワーハラスメント対策の義務化が、大企業は2020年4月、中小企業では、2022年4月より義務化になります。

企業は今後真剣に「人権」と向き合っていく時がきました。

パワーハラスメントとは、「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」のこと。略称は「パワハラ」。

厚生労働省では、パワーハラスメントを「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

●職場での優位性

職場での優位性とは、上司から部下へのいじめ・嫌がらせだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。また人間関係や専門知識、経験などの様々な優位性が含まれます。

●業務の適正な範囲

業務上の必要な指示や注意・指導を不満に感じたりする場合でも、業務上の適正な範囲で行われている場合には、パワーハラスメントにはあたりません。

パワーハラスメント対策で最も大切なのは、何がパワハラでパワハラでないのかを明確化すること。

そうでないと、上司が何を言って良いのかもわからない、職場環境の悪化につながるからです。

ハラスメント対策研修は、こちら。

 

 

 

 


「仕事の質」の変化が原因で起るメンタルヘルス不調 (19/05/29)

【「仕事の質」の変化が原因で起るメンタルヘルス不調】 

最近の雇用者が労働者に求めている能力は、情報や知識といった、より専門性の高い「仕事の質」が求められています。実はこのことがメンタルヘルスに大きく影響します。

新しい技術や知識に追いつこうとしても追い付けず、「仕事の質」でストレスをかかえ、メンタルヘルス不調となり、かといって相談する相手もおらず・・・。

最終的に「仕事の質」が影響してメンタルヘルス不調からうつ病等、職場不適応症に至るケースも多いです。

大切なのは不調を訴えているサインに気づき、即フォローする力。

しっかりフォローシップ力を身に付けることが大切です。

ではどのような視点でメンタルヘルス不調のサインに気づくのか。

まずは行動の変化を見逃さないでください。

具体的な行動のサインから、その後の対応まで1日でわかるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

 

 


価値観の違いでうまれるストレス (19/05/27)

価値観の違いで生まれるストレス

コミュニケーションには人の「価値観」が反映され、その価値観の相違がストレス要因になることがあります。

価値観とは「~であるべきだ」「~すべきだ」「ふつうは~」という言葉。

例えば以下の会話。

上司「仕事の夢、目標は無いのか!?」

部下「・・・特には・・・。」

上司「何のために働いてるんだ!」

部下「生活のためですけど。」

上司「だからお前は成長しないんだ。」

部下「・・・(とは言っても夢なんてなくても生きていけるし・・・。)」

という、会話を相談されたことがあります。

上司・・・夢や目標はあって当然だ。

部下・・・そんなの持つのもめんどくさい。なくても別にいいじゃないか。

夢や目標に対する価値観(重視度)の相違が、上司や部下の距離が縮まらない原因にもなっており、

価値観の押し付けが、ストレスになる場合もあります。

今の職場で人によるストレス対策として大切な1つとして「相手は自分じゃない。自分は相手じゃない。」

という観点ともいえるでしょう。客観的に相手を見る目線、相手の価値観は何に重きを置いているのか、

目標を達成する事なのか、一日の業務を終わらすことなのか、そこを上司はジャッジメントして、認めてほしい価値観ポイントを

見つけ、できたら大いに称賛してあげる。それが相手の達成感、してはやる気につながるのではないでしょうか?

・メンタルヘルスのすべてが学べるメンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。


価値観の違いでうまれるストレス (19/05/27)

価値観の違いで生まれるストレス

コミュニケーションには人の「価値観」が反映され、その価値観の相違がストレス要因になることがあります。

価値観とは「~であるべきだ」「~すべきだ」「ふつうは~」という言葉。

例えば以下の会話。

上司「仕事の夢、目標は無いのか!?」

部下「・・・特には・・・。」

上司「何のために働いてるんだ!」

部下「生活のためですけど。」

上司「だからお前は成長しないんだ。」

部下「・・・(とは言っても夢なんてなくても生きていけるし・・・。)」

という、会話を相談されたことがあります。

上司・・・夢や目標はあって当然だ。

部下・・・そんなの持つのもめんどくさい。なくても別にいいじゃないか。

夢や目標に対する価値観(重視度)の相違が、上司や部下の距離が縮まらない原因にもなっており、

価値観の押し付けが、ストレスになる場合もあります。

今の職場で人によるストレス対策として大切な1つとして「相手は自分じゃない。自分は相手じゃない。」

という観点ともいえるでしょう。客観的に相手を見る目線、相手の価値観は何に重きを置いているのか、

目標を達成する事なのか、一日の業務を終わらすことなのか、そこを上司はジャッジメントして、認めてほしい価値観ポイントを

見つけ、できたら大いに称賛してあげる。それが相手の達成感、してはやる気につながるのではないでしょうか?

・メンタルヘルスのすべてが学べるメンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。


傾聴における「聞く」と「聴く」の違い (19/05/19)

傾聴における「聞く」と「聴く」の違い 】

傾聴を考える上で、まず覚えてほしいことは「聞く」と「聴く」の違いです。

話を「聞く」。話を「聴く」。

どちらも「キク」ですが何が違うのでしょう?

「聞く」は自然に耳に入ってくる「音」

「聴く」は意識を傾けてきく。傾聴の字でもあります。

信頼関係を築く上で大切なのは聴くこと。

しっかりと意識を傾け、「聴いていますよ」という態度が重要です。

そのような態度からしっかりトレーニングできる傾聴トレーニング研修は、こちら。


新型うつ病とは (19/05/11)

新型うつ病特徴

今職場で増えている「新型うつ病」。比較的若い世代に多く、上司が扱いを悩む要素になっているようです。

特徴として、

1. 新型うつ病は、自分の好きな仕事や活動の時は元気。

2. 新型うつ病は、「鬱」で休職することにあまり抵抗がなく、逆にうつを利用する 

3. 新型うつ病は、自責感に乏しく、他罰的で会社や上司のせいにしがち 

4. 新型うつ病は、どちらかというと真面目で負けず嫌いな性格。依存的

このような社員がいたら、新型うつ病を疑ってみてください。

======================

まずは基礎のメンタルヘルス技術習得から。

メンタルヘルスケア研修は、こちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.mental-healthcare.org/seminar/mc/ 

☆こんな最新のメンタルヘルスやカウンセラー情報が知れる!『メンタルヘルスなメルマガ通信』配信中!登録はこちら↓ 

http://mental-healthcare.org/mailmag/acc.cgi?id=143470757917896

☆最短でカウンセラー・メンタルヘルス担当者・講師の道へ~ メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/

☆教室へ来れないという方へ、メンタルヘルスカウンセラー オンライン講座

http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/11/post-97.html

 

 

 


[BACK]  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介